スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~ (10)

ヤンキースが、トーリ監督65歳のバースディーに、終に東地区のトップに立った。

ボストンがヤンキース4連戦に疲れたのか、デヴィル・レイズ相手に3安打1点で
敗戦という想定外の結果。

それにしても、今日のヤンキース vs テキサス戦は、なんとも不思議なゲームだった。

まあ、平日だし、NHKも放送無しだったので、実際に観戦した人は少ないと思うが・・・

これが、そのwrap-upだ。

実際に試合を観ていた私の感情の起伏も大きかった。
観てない人には、実感が湧かないと思うけど、スコアシートを見ながら察して貰いたい。

ブラウンの初回、3失点は、故障前からのデフォだから、驚かず。
むしろ、2回表にすかさず6得点で切り返した、攻撃力に感動。
と、思う暇もなく、2点入れられて、再び1点差。

そこで、我らが組長・シェフのソロと松井の2ランが爆発、4点差。
すかさず、1発を浴びるが、それでも3点差。

そこで、迎えた、問題の6回裏。
四球がらみでランナーをため、1点返され、2アウトでランナーは2人。
打球は浅いフライで、ヨッシャーと思った瞬間、とんでもないことが・・・

バーニー・ウィリアムズがそのフライを深追いして、松井とやや交錯気味。
グラブに当てながら結局落球し、2ランエラーとなった。
これで、同点だ、打者走者も2塁へ。

こうなると、勝負の流れは一挙に傾く。
メジャー最強の軟体動物・ソリアーノがレフト前にタイムリーヒット。
勝ち越しを許した。

なんてこった。
これで、負けたら、今シーズンのワースト・ゲームになるアグリーな試合だな。


それでも7回、先頭のシエラがいきなりのダブル。
しかし、それを活かせずゼロ。

8回も先頭のカノーがヒット、エー・ロッドが歩き、1アウト1,2塁で、
バッターは松井。

取り敢えず‘1点でいいからタイムリープリーズ’のヨガのポーズをベッドの上で
するも通じず、センターフライ。

そこで、登場するのが、通称男前、ナリポン流では鉄人28号のシエラ。
フルカウントから左中間へ・・・
スタートを切っていた、エー・ロッドもホームインで逆転。

ヤッターーーーーーーーーーーーー!

殊勲のシエラは1塁を回る時点で、負傷。
あの松井の負傷の時もそうだが、トーリ監督自ら肩を貸して退場。
DL入り間違いない、痛々しい姿だった。

その裏は、7アウトを完璧のスターツが押さえ、9回はリヴェラ登場。

ここで、何故か、実況のYESが放送事故?
音はでるものの、映像は固定画面。
おいおいと思いながらも、懸命に英語の実況をヒヤリング。
逆に、妙な興奮の中、K,K,内野ゴロ(だと思う)であっさりセイブ。

もうその時点では、ボストンの負けが確定していたから、これで首位だ。

ただ、今日の試合展開を思い起こし、妙に複雑だった。

シエラの2アウトRBIがなかったら・・・・、明らかに、バーニーが‘戦犯’だったろう。

バーニーは体力的な衰え、特に肩の弱さが問題になり、一時はルーキーのカブレラを
起用していた。
ただ、余りにも守備がお粗末なので、バーニーを再び使い始めていたのだ。

実際今日の試合でも、バーニーはナイスキャッチをしていたし、フェンス直撃の当たりを
うまく処理して、捕殺も記録していた。

ところが、あの手痛いタイムリーエラーもやってしまったのだ。

あのまま、負け試合になっていたら、間違いなく、批判記事が踊っていただろう。

そういえば、去年の4月、ボストン戦で松井が落球した時も、思いっきり叩かれていた。

それが、結果、チームが勝つことによって、‘免罪’になるところがある。

そもそも、‘戦犯’とは何か。

勝ちゲームには‘ヒーロー’がいて‘戦犯’はいない。
負けゲームには‘戦犯’がいて‘ヒーロー’はいない。


‘本日のヒーロー’は騒がれ、インタヴューも受けたりするが、
‘本日の戦犯’は、それぞれのファンが個別に定義するのかも知れない。

8回の1アウト1,2塁で倒れた松井を‘戦犯’とは言わない。
ただ、ランナーが3塁にいたら話は別だ。

先発で6失点のブラウンは戦犯にならなかったのだろうか。

やはり、‘ヒーロー’にせよ‘戦犯’にせよ、より直接的に勝敗に影響を及ぼした場合を
言うのだろう。

‘戦犯’は期待を含めて、やって当然のことを出来なかった場合に‘指名’されるのだろう。

今日の試合、結果だけを見れば、ヤンキースが勝って、松井もホームランを打って、首位に立った。

実際、日本のマスコミは11点の内の松井の2点が‘勝因’であるような、
伝え方をこぞってする。

1行に、まとめるとそういうことになって仕方がないのだろうが・・・

もし、1点リードをリヴェラがひっくり返されたら、‘戦犯’はリヴェラになっていたのだろうか。
シーズン当初は冴えなかったが、現在彼は24連続セーブ成功中(1シーズンでは自己ベスト)だ。

押さえて当たり前と、‘神格化’されている身の辛さといえばそれまでだが・・・


試合の一部始終を観る事ができたナリポンとしては、
改めて‘ベースボールの深淵さ’を味わった1日だった。

で、今日の結論としては・・・
つまらない‘戦犯’探しなどしなくても良いように、ゲームに勝てばいいんだよ。(←ツマンネ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

MLB.COM の Gameday で試合経過を追っている分には良く分からなかったですが、今日の試合いろいろ起きていたんですね。
今年のヤンキースは、カブレラとカノーの若年層コンビによる試合を混乱に落としめる守備や Bronx Bombers の花火大会もあり、派手な試合が多いですが、もはや内容ではなく勝ちさえすればなんでもOK状態ですね。
最後は、勝負どころを熟知したトーリ監督の手腕にかかっているのではないでしょうか。

Re:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

とてもいい画像ですね!
松井がエラーしたように見えますが・・

確かに勝利に優るものはないですね。
あのEも、2アウトでなかったら・・
シエラのヒットも2アウトフルカウントでなかったら・・
共に展開が、ガラッと変わっていたシーンです。

今後もこんな試合が続くんでしょうね~?

Re:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

バーニーには、もう一分張りしてほしいですよね。
まだまだ彼の勝負強さはヤ軍に必要です。

*たまに「ヒーローが審判」てときもありますね。

今日はラッキーでした。

なりぽんさん、こんばんわ。いつもありがとうございます。(^^)

今日も凄い試合だったみたいですね。昨日といい、今日といい痛恨のエラーが目立ちますね。試合の流れを左右するエラーを犯しながらも、勝ったヤンキースにはツキがあり、今流れが来ているのかも。

>‘戦犯’は期待を含めて、やって当然のことを出来なかった場合に‘指名’されるのだろう。

これには納得しました。選手によって期待される度合いは違い、戦犯の定義も流動化するというのは面白いですね。仮にエラーを犯してもチームみんなでカバーできる野球ってドラマがあっていいものです。

いつも松井のところに打球が飛ぶと、まるで自分が守っているかのように心臓がドキドキします。もし、松井がエラーしても今日みたいにみんなでカバーしてくれるといいな。(^^)

Re:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

初めまして。TBありがとうございます。
6回裏の4失点はこんなことがあったんですね。この画像、松井の表情が面白いです。メジャー最強の軟体動物・ソリアーノ(笑)もレンジャーズでがんばっているのか。忘れてました。
巨人が終わってしまったので、ヤンキースに期待しています。

Re[1]:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

KUROROさん
>MLB.COM の Gameday で試合経過を追っている分には良く分からなかったですが、

ガメちゃんは時々サボったり、発狂したりしますからね。
でも、ちゃんと働いていても、あの試合は大分‘間’があってから・・・
説明文が出てきたのでは?

>今年のヤンキースは、カブレラとカノーの若年層コンビによる試合を混乱に落としめる守備や Bronx Bombers の花火大会もあり、派手な試合が多いですが、もはや内容ではなく勝ちさえすればなんでもOK状態ですね。

今日は一転して、しぶ~い試合だったけど
勝ちたかった。

カノーは打撃がいいから守備は許す。

Re[1]:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

ミーハーおじさんさん
>松井がエラーしたように見えますが・・

ですよね。
大本営発表じゃなく、敵国の絵ですから・・・

>確かに勝利に優るものはないですね。

ほんと、ミーハーさん(なんか変)の記事の書き出しを読んで
全く同感、同感でした。

>今後もこんな試合が続くんでしょうね~?

今日も、しぶ~~~~~~~~い負け(泣)

でも、あの後MLB.tvで観たBAL戦がまた悲劇的
BJライアンが・・・・

やっぱ野球は面白い。

Re[1]:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

コブラスマイルスさん
>バーニーには、もう一分張りしてほしいですよね。

今日はDHでしたが、汚名返上のチャンスが何度かあったんですがね・・・

>まだまだ彼の勝負強さはヤ軍に必要です。

あの、しなやかな2塁打、HR・・・

>*たまに「ヒーローが審判」てときもありますね。

でも、戦犯のときもあるから五分五分かも・・・

Re:今日はラッキーでした。(07/19)

chungking_express633さん
>勝ったヤンキースにはツキがあり、今流れが来ているのかも。

今日はエラーはなかったんですが・・・
ブルペンを温存したがって負けちゃいましたね。

>選手によって期待される度合いは違い、戦犯の定義も流動化するというのは面白いですね。

今日のエーロッド、1アウト1,3塁、ショートゴロゲッツーは完璧なA級戦犯(笑)

>仮にエラーを犯してもチームみんなでカバーできる野球ってドラマがあっていいものです。

だから、ヤンキースは背番号だけで、選手名が無い。

>いつも松井のところに打球が飛ぶと、まるで自分が守っているかのように心臓がドキドキします。

まあ、私が守っていたら話しになりませんが、精神的には完璧に‘松井の父’の気分です。


Re[1]:トーリ監督のバースディーに首位に立ったヤンキース~勝ちゲームに‘戦犯’はいない?~(07/19)

sennaさん

>6回裏の4失点はこんなことがあったんですね。この画像、松井の表情が面白いです。

いい、写真ですよね。
でも、いざとなると日本語でボヤいているんでしょうね。

>メジャー最強の軟体動物・ソリアーノ(笑)もレンジャーズでがんばっているのか。

いいでしょ、軟体動物、‘しなやか’ともチョッと違う。
あの試合は5-4で4打点でしたよ。

>巨人が終わってしまったので、ヤンキースに期待しています。

私はあの、原辰則ゴタゴタで足を洗ってますので、ヤンクス1本。
でも原が復帰したら、ちょっと応援。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。