スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古巣に戻って勝った人、古巣相手に勝った人~アル・ライターと大家の‘奇遇’~ (16)

ヤンキースはオール・スター明けと言う時間的優位にありながら、大事なボストンとの4連戦の、
先発投手が不足していた。
1戦のムッシーナ、3戦のジョンソンは決まっていたが、2戦は、困った挙げ句、
なんちゃってピッチャー、レディングを起用、奇跡は起こらず1-17の惨敗。

その段階でも、第4戦の先発は決まっていなかった。

そこで、飛び込んできたのは、アル・ライターという投手。
フロリダ・マーリンズから戦力外通告されたが、今季は3勝7敗と負け越しているものの、
通算では158勝127敗という‘実力派’だ。

まあ、昨日勝って2勝しているから、勝てば儲け位の気持ちで(←本当は絶対勝てよ)観戦。

おいおい、やってくれるじゃないか。
歳(39歳)より、さらに老け顔だが、あの野武士軍団ボストン相手に、なんとも頼もしい‘御姿’

打撃不振の女房役のポサダも、何度もサインに首を横に振られたのが頭にきたのか(笑)
怒りの?先制2ランホーマー。

嘗て、マーリンズでチームメイトだった組長・シェフィールドも兄貴分の移籍デビューに
熱く燃えた。
同じ、fieldが名前につくのに、いつもへらへらと人を小馬鹿にしたボールを投げる
ウェイクフィールドに、目の覚めるような場外2ランを浴びせた。

このシリーズは大活躍のエー・ロッドが、勝負がほぼ決まったと思われる8回に、
帳尻の場外ホーマーを放った(実は、後になって大変価値のある1発になる)。


4点差になって、8回も無事終了。

悲観主義のナリポンでも、さすがに大丈夫だろうと思った。

ところが、9回、カノーの手痛いエラーもあり、1点返されて、2点差になり、
尚もノーアウト満塁。

ガーン!
こういうシチュエイションになると、野武士軍団は、本当に恐い。
あの、リヴェラでさえ、PTSDに罹ったほどだ。

固唾を飲んだ。
チームの勝利は勿論だが、あの大殊勲のライターの勝ちが消えるなんて・・・

結局、リヴェラの自力と1塁塁審の‘グッド・ジャッジ’(笑)で、逃げ切りに成功した。

アル・ライターは、そもそもヤンキースにドラフトで指名され、メジャーデビュー後、
3シーズン、ヤンキースに在籍していた。
ヤンキースは文字通り、彼の古巣なのだ。

その彼が、戦力外を宣告され、移籍後の再デビューをボストン戦で飾った。
おまけに、余り多くない、テレビの全国放送のあるゲームでだ。

‘全米が泣いた’と言っても過言ではないだろう(←激しく過言なんですけど)

因みに、MLB.comのトップは‘Turn on the Leit’

これって、昨日の夜、あるブロガー仲間と語ってたネタと同じなんですけど(笑)


一方で、今日の大家。
こちらは、6月にブリュワーズに移籍したが、その古巣、ナショナルズを相手に、
7回まで投げ、勝ち投手となった。

まあ、ただの古巣ではないところがミソだ。

大家は、ナショナルズのロビンソン監督とは、元々、起用法を巡り対立、確執があったらしい。
6月4日のマーリンズ戦では、先発した大家に交代を告げるためにマウンドに行った同監督に
背中を向けてボールを渡さなかった。

これが、監督侮辱と見做され、罰金も科せられ、懲罰の‘代走起用’もされたりしたが、
結局は、直ぐにブリュワーズにトレードされた。

大家って顔つきをみても、典型的な‘畳の上で死ねない系’(←なんじゃ、その分類法)

試合後、ブリュワーズのヨースト監督は、‘彼は冷静で感情的にもなっていなかった’
と大人の発言をしていたが・・・

実際のゲームは観ていないが、あの‘やんちゃな大家’は、きっとメラメラ燃えていたに違いない。

チームメイトも、それを意識して頑張ったに違いない。

因みに、ブリュワーズの見出しは‘Ohka exacts revenge vs. Nats’
(オオカはナショナルズ相手に、キッチリと復讐)ってな感じ?

で、ライターと大家で、古巣つながりはわかったけど、
タイトルにある‘奇遇’ってなんでしょう。

もう、これを発見した時は、寺山修司とハイセイコーの命日が同じだとわかった時と同じくらい、
は、驚かなかったが(笑)、へぇーへぇーへぇー状態だった。

大家が問題を起こした時の6月4日のゲーム内容を調べてみた時の発見。

チョッと勘の鋭い人なら、もう気付いた?

そうなのだ。

これが、そのwrap-up

このゲームの先発投手が、マーリンズがライターで、ナショナルズが大家なのだ。
ライターは5回4失点で負け投手、大家は同点のまま3回1/3で降ろされている。

その、ふたりが今日そろって、移籍したチームで勝利の喜びを味わったのだ。


だから、な~に?

と突っ込まれると、それまでだが・・・(笑)


ナリポンはこういう話、けっこう好きだな(←だから、書いてるんだろ)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライターの好投で野茂のヤンキースありかも?

今シーズン、マーリンズで振るわなかったライターの好投を見ると、「あれっ野茂もヤンキースに拾われるかもしれない?」と思ってしまいました。ただし、ヤンキースに必ず優勝して欲しいと願ってる私にとって、不安定な野茂がはたして"変身"してくれるかという心配もあり、微妙な心境です。
でも、実績のないマイナー選手を仕方なしに昇格させて穴埋めをするよりは少しは役に立つかな?

TBありがとうございます!

なりぽんさんこんばんわ。

今日の記事も大作ですね。笑い所満載で今日の凄かった一戦を、なりぽんさんのMLB劇場で楽しく振り返ることが出来ました。(^^) 
それにしてもレッドソックスは粘り強いチームですね。今日は半分開き直って見てました。(笑) 4点リードされても諦めず熱い応援を送り続けたレッドソックスファンには感動しました。

大リーグはたとえ解雇されても、その選手がやる気と自信を失わなければ、すぐに挑戦の場を与えてもらえるいい環境なんだなぁと感じました。そういう場で生まれた大家とライターの奇遇な関係はドラマですね。こんなドラマを聞くと野球が更に楽しく見れます。(^^)


シェフも‘フルスィング’でバックアップ

二人に間に、このような‘奇遇’が、あったとは・・
これからは、二人とも素晴らしいチームメートと共に、大好きな野球が出来るわけですね。
今日は、日本人メジャーリーガーがそろって活躍していましたね(イチローも・・)。
しかし、4連戦で30失点しても3勝1敗で、切り抜けるヤンキースも「勝ち方を知っている!」
‘アル・ライター’も、今日の1勝だけでも、獲得した甲斐があったと思います。
次からの登板では、まさしく気分も・・・・

こんばんは~。

TBしてくださってありがとうございます。
それにしても二人にそんな「奇遇」があったとは、気がつきませんでした。
今日もすごい面白い日記で、感動します。
アルライター投手序盤からすごいいいピッチングしてました。
今日の三振数も今シーズンのキャリアハイらしいですし。
それより松井選手に1本ヒットが出てちょっと安心しました。
苦手のウェイクフィールドだったから三振ばかりだったらヤバイなあって思ってました。
明日はケビンブラウンがやっと戻ってきて先発するそうです。
それでは~。

アル・ライター

トラックバックありがとうございます。
ライター、かなり味のある投球でしたね。ヤンキース復帰後初登板で、けっこう気合が入っていたんだと思います。次の登板で良い投球ができれば「本物」でしょうね。
きょうもしリベラで逆転負けになっていたら、ヤンキースにとってはかなり大きなダメージになってたと思います。カノーにとっても・・・
それにしてもウェイクフィールドのナックルは、いつ見ても見事としか言いようがないです。

Re:ライターの好投で野茂のヤンキースありかも?(07/18)

KUROROさん
>ヤンキースに必ず優勝して欲しいと願ってる私にとって、不安定な野茂がはたして"変身"してくれるかという心配もあり、微妙な心境です。

激しく同意です。
喜びも悲しみもダブルで来るので・・・
で、今の感じだと、悲しみの可能性が高いような気がして・・・

Re:TBありがとうございます!(07/18)

chungking_express633さん
>今日の記事も大作ですね。笑い所満載で今日の凄かった一戦を、なりぽんさんのMLB劇場で楽しく振り返ることが出来ました。(^^) 

そういわれると、3時間かけた甲斐があります(笑)

>それにしてもレッドソックスは粘り強いチームですね。

ていうか、マジに去年から恐くて恐くて・・・

>レッドソックスファンには感動しました。

私は、逆にライターがベンチに戻る時に、それなりに拍手があったのが
気に入りました。
あの球場は90%以上がボストンらしいので・・・

>すぐに挑戦の場を与えてもらえるいい環境なんだなぁと感じました。

まあ、それが真の意味で実力主義なわけで・・・

>こんなドラマを聞くと野球が更に楽しく見れます。(^^)

ですよね。

Re:シェフも‘フルスィング’でバックアップ(07/18)

ミーハーおじさんさん

そのタイトルから察するにシェフのファンですね。
いいっすよね、クミチョウ。

>しかし、4連戦で30失点しても3勝1敗で、切り抜けるヤンキースも「勝ち方を知っている!」

今日も、1点差勝ちですから(笑)

>‘アル・ライター’も、今日の1勝だけでも、獲得した甲斐があったと思います。

そう思います。
あっちが8百万ドルの年俸はもって、ヤンクスは確か40万ドルらしいですから・・・

次がどうなるか、連勝したらそれで完全にペイするでしょう。


Re:こんばんは~。(07/18)

パナコナさん
>それにしても二人にそんな「奇遇」があったとは、気がつきませんでした。

この辺を素人が発見できるのが、ネット情報の凄いところかと・・・

>アルライター投手序盤からすごいいいピッチングしてました。

ホントに、なんで戦力外?ってな感じでしたね。
気持ちも入っていたんでしょうが、空回りする人もいますから。

>それより松井選手に1本ヒットが出てちょっと安心しました。

今日は、別の1本がでましたね。

>明日はケビンブラウンがやっと戻ってきて先発するそうです。

(―_―)!!

Re:アル・ライター(07/18)

lewisさん
>ライター、かなり味のある投球でしたね。ヤンキース復帰後初登板で、けっこう気合が入っていたんだと思います。次の登板で良い投球ができれば「本物」でしょうね。

いやぁ、凄かったですね。
おっしゃる通りで、気持ちも入っていたんでしょうが、あれが続けば、エース格ですよ。

>きょうもしリベラで逆転負けになっていたら、ヤンキースにとってはかなり大きなダメージになってたと思います。カノーにとっても・・・

ですね、そこがリヴェラの偉さでしょ。
カノーは打撃がいいから、多少の守備は許せるのですが、
あっちに投げるとねぇ~、傷が深いから。

Re[1]:シェフも‘フルスィング’でバックアップ(07/18)

>そのタイトルから察するにシェフのファンですね。

特にシェフというわけではないです。
今回は共に‘マーリンズ’に、いたということもあって・・・

単に‘古巣’に引っ掛けたかっただけで・・
おじさんですから・・・orz

ゲーム追体験の面白さ

サッカーファンの私はよくいいゲームの翌日だけはスポーツ紙を買いに走りますが、それも普通の日刊紙だと物足りないから。ナリポンさんの観戦日記は、野球ファンにはたまらないでしょうね。見ていなかった私にも、みどころ場面集みたいに鮮やかにゲームの展開が伝わってきます。この最強ヴィジュアルつきノリでサッカー観戦記録にもぜひトライしていただきたい。
 

スポーツ界の「偶然」も

こういう偶然、というか因縁(?)ってスポーツ界にもあるんですね。
大げさかも知れませんが、河合はやおさんて心理学の人の本で、「シンクロニシティ」って言葉を読んだことがあります。スポーツ界の出来事も、やはりどこかで運命的に連動しているのかも。
寺山修司さんの命日がハイセイコーと同じってのも、ちょっといい話ですよね。

Re:ゲーム追体験の面白さ(07/18)

ヤマトナデシコふんじゃったさん
>それも普通の日刊紙だと物足りないから。

確かに、私の重厚な(笑)記事に較べたら、金取れませんよね。
特に、メジャーネタは、こっちは、あっちの色んなサイトを物色できますから・・・
情報収集能力もまさっているかも・・・

>この最強ヴィジュアルつきノリでサッカー観戦記録にもぜひトライしていただきたい。

サッカーは前にゴンの記事にも書きましたが、基本的に国際Aマッチしか興味ないんですよ。

フランスW杯で笛を吹いた、岡田審判は個人的に知っているので・・・
彼が出ているとちょっとみたりしますが・・・
今年は誤審で1面トップになってましたね。

Re:スポーツ界の「偶然」も(07/18)

デスティニーさん
>こういう偶然、というか因縁(?)ってスポーツ界にもあるんですね。

でも、当事者の二人も知らなかったりして・・・
我ながら、大発見!

>寺山修司さんの命日がハイセイコーと同じってのも、ちょっといい話ですよね。

もう、これは自分で寺山の命日に記事を書こうとして、発見したんですけど・・・
少なくとも調べた限りでは、他に書いている人は居そうで居なかった。

自分的には最大の発見。

Re[2]:シェフも‘フルスィング’でバックアップ(07/18)

ミーハーおじさんさん
>特にシェフというわけではないです。

私はあの寄らば斬るぞ、の感じが好きですね。
彼が打席に立つときの、3塁コーチャーのポジションも笑えます。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。