スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~ (14)

5月の話だが、中野の人気ラーメン店、‘青葉’の店主が、
‘秋葉家’というラーメン店の経営者に監禁、暴行されていた事件があったらしい。
加害者は、‘味も商売も教えたのは自分なのに、挨拶も謝礼もないのは許せない’としている。

まあ、二人が知り合いであることは間違いないらしいが、
それ以上の事実関係はわからない。
(状況的には、あの‘仙人’が一方的に悪いと思うけどね。)

中野の青葉は、私が穢土に棲んでいた頃は、お気に入りのラーメンだった。
初めて食べたのは、1998年。

洗いざらしの白地に赤い文字の暖簾、銀座8丁目にでもありそうな
古いカウンター・バーのような作りで席数も10足らず。
エアコンもなく?外気が自由に出入りする。

そんな戦後間もないような(←みたこともないのに)レトロな店。

あれで、こてこての(笑)支那そばでも出てくればイメージぴったりなのだが、
出てきた一品は、なんとも味わったことのないテイスト。
特製でトッピングされている、具も中々の味だ。

作っている主人はメガネをかけ、マスクをかけて(←胡椒アレルギーの説あり)、
きちんとした手さばきで仕事をしている。
大袈裟に言えば、外科医の如くだ(←確かに大袈裟だ)

この、青葉が生んだスープは、魚系(かなり濃厚)と動物系とを合わせた、
‘ダブル・スープ’と呼ばれ、一躍脚光を浴びる。

つけ麺も2度試したが、ややインパクトに欠け、‘べんてん’や‘丸長’の方が好き。
で、その後は、具もウマい特製中華そば一辺倒。

2001年、穢土を離れる前にも思い出の一杯として食べたが、その後は、支店も増え、
今は、中野本店も芳賀氏本人以外が作っているらしい。

東池袋、大勝軒もそうだが、規模の拡大によって、より多くの人間が食する機会が生まれる一方、
その拡大が質の維持を阻害することもありそうだ。

ところで、青葉のラーメンについては、いわゆる青葉インスパイア系と呼ばれる店が多数ある。
青葉のラーメンを美味いと思った人々が、それに触発されて、似たような方法で、
似たような美味いラーメンを目指した結果だ。

‘触発’されたとすれば聞こえは良いが、
有り体に言えば、パクッたということにもなりかねない。


だが、青葉の芳賀氏は、そういう店の店主相手に、謝礼も求めてないだろうし、
監禁、暴行もしていないだろう(笑)


中野の青葉を知る前は、‘青葉’、‘ラーメン’の検索ワードを私の頭に打ち込むと、
それは旭川にある青葉だった。

初めて行ったのは、1988年の2月だ。
5年間、南国シンガポールに‘軟禁’されていた私は、もうスキーがやりたくてやりたくて、
堪らなかった。

友人の薦めで、旭川ステイのツアーに・・・、確かにスキー場を日替わりで選べるし、
夜は、旭川の町で、飲んだり喰ったりできる。

飲んだ後に、‘青葉’を探し当て、入ろうとしたら、なんとちょうど閉店しようとしていた。
なんとか主人に頼み込んで、入店。

魚出汁の香りと独特の食感の低加水麺、うまいと感じた。
店を閉めようとしていた筈の主人が、食べ終わったのに色々と話しかけてくる。
お客が自由に書ける雑記帳を渡され、感想と住所、氏名を書いた。

確か、北海道を旅行する若者向けのサーヴィスメニューがあった筈だ。
昔の‘カニ族’を相手にした名残かも知れない。

とにかく、この店主、初代ラーメン王の武内伸の寒いギャグではないが、
‘スープの基本はトリガラじゃなくヒトガラ’を地でいく感じだった。

その後、礼状みたいな奴が届き、東京に支店を開いた時には、案内状も届いた。

その旭川の青葉、開業は1947年、私が通った(3回だけ)時は2代目、
今は、3代目がいるらしい。

ところで、ここのスープは何のことは無い、開業以来ずっと、ダブル・スープなのだ。

味わいは、中野の青葉とは随分と異なるが、ダブル・スープという概念では先駆だ。

というか、私が単に無知なだけで、旭川の青葉以前に、ダブル・スープを始めていた店が
他にあるかもしれない。

そう考えると、食における‘知的所有権’ってどうなんだろう。

人形町の‘玉ひで’が、日本中で作られる親子丼に課金したら、どうなるか。

とんかつ(カツレツ)にキャベツを添えるだけで、銀座の‘煉瓦亭’に
挨拶をいれなきゃならないのか。

あぶらそばをメニューに加える時は、武蔵境の‘珍珍亭’の許可が必要なのか。


より美味い食を求めて、真剣に努力を重ねている人たちには申し訳ないが、
食べる一方の人間からみれば、広く食文化の発展の為には、
料理人達が、是非、‘太っ腹’になって、我々の胃袋を満たして欲しいものである。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~(07/14)

TBありがとうございます。
食の'知的所有権'ですか,難しいですねぇ。
音楽や映画などと同様,料理のレシピも人が創意工夫を重ねて作るものですからそういった権利はあるのでしょうね。
でもなりぽんさんの言うように,おいしいものはみんなで分かち合いたいものですね。

TBから来ました

土地柄、家系ラーメンはよく食すのですが、「青葉」はテレビ等で見た位でした。
ダブル・スープとか非常にためになる記事で、とても興味深く読ませていただきました。
そういえば、家系もいろいろ分かれていって、トラブルがあったようなことを記憶しています。系統という名できちんと認められて引き継がれていけば、問題はないのでしょうけど...
今後、こういう事件やトラブルがないことを願いたいものです。

Re:青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~(07/14)

絵の世界でも、そういうことは多いですよ。
だれかのファンだったり、アシスタントをしてたりすると
絵柄が無意識に似てしまうこともある。
もちろん、あえて真似る人もいる。

権利って難しいなぁって思います

Re:青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~(07/14)

TBありがとうございます。
食の知的所有権。。
そうはいってもまったくのコピーでもないんでしょうし。。

トラバありがとうございます

食の'知的所有権'・・・食に限らずどこまでを権利として認めるのか、その幅の解釈はいくらでも広がってしまいます。
Wスープは愚か、ラーメン自体のレシピにまで遡行できてしまいますから。
結局、個人の度量ということになるんですかねぇ。

Re[1]:青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~(07/14)

Nicksonさん
>音楽や映画などと同様,料理のレシピも人が創意工夫を重ねて作るものですからそういった権利はあるのでしょうね。

でも、法的にはあまりはっきりしてないような気がします。

>でもなりぽんさんの言うように,おいしいものはみんなで分かち合いたいものですね。

ですね。

Re:TBから来ました(07/14)

brocadeさん
>ダブル・スープとか非常にためになる記事で、とても興味深く読ませていただきました。

いや、ラーメンオタクの人に言わせれば、どっか間違っているかも・・

>そういえば、家系もいろいろ分かれていって、トラブルがあったようなことを記憶しています。

なんか、本業とは関係ないトラブルもあったような・・・

>今後、こういう事件やトラブルがないことを願いたいものです。

そうですね、でも、人間の欲望は・・・

Re[1]:青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~(07/14)

姫子です♪さん
>絵の世界でも、そういうことは多いですよ。

絵に限らず、音楽とか文学とかも・・・
創作の原点は模倣かもしれませんしね。

Re[1]:青葉のラーメン~食の‘知的所有権’について考える~(07/14)

nokogiriyamaたぬきさん
>食の知的所有権。。
>そうはいってもまったくのコピーでもないんでしょうし。。

だからこそ、見極めが難しいんでしょうね。
レシピなんて、場合によっちゃ、業者向けの本とかにも出てますから・・・

Re:トラバありがとうございます(07/14)

結構人店主さん
>食の'知的所有権'・・・食に限らずどこまでを権利として認めるのか、その幅の解釈はいくらでも広がってしまいます。
>Wスープは愚か、ラーメン自体のレシピにまで遡行できてしまいますから。
>結局、個人の度量ということになるんですかねぇ。

読んで、もしやと思ったら、分野は違うけど飲食のプロの方なんですね。
結構人店主さんじゃなくて、‘結構人気店主さん’だったりして・・・

美味しいものをただ黙々と…

TBをありがとうございます.

タイトルの繰り返しになりますが,美味しいものを求めてくる客に対して,
作品を黙々と提供する,それが食と対峙する「職人」と思うんです,自分.
料理の世界では「手で盗んだら泥棒だが,目と舌で盗むのは違う」という
表現をどこかで聞いたような気がします.かといって教えたなら,お礼を
しろというのはお門違いのような.今回の件はとにかく残念でなりません.

こちらからもTBさせていただきますね.

Re:美味しいものをただ黙々と…(07/14)

y*2cさん
>料理の世界では「手で盗んだら泥棒だが,目と舌で盗むのは違う」という

結局はそういうことになりますよね。
それもダメといったら、誰にも料理を食べさせない、ってことになりかねませんから(笑)

‘秘伝のタレ’とか言いながら、実は不味いタレだったりするかもしれないし・・・


TBありがとうございます。

私も実家が中野なので青葉をこよなく愛していました。消費者の私達からすると味を盗もうが教えてもらおうが美味しい食べ物が広まるのは良いですよね。
謝礼がないと文句を言う前に青葉より美味しいラーメンを作って欲しいですねw これからちょくちょく拝見させていただきますね^^

Re:TBありがとうございます。(07/14)

ZIO坊さん
>私も実家が中野なので青葉をこよなく愛していました。

あぁ~、なんかそういう風に言われると無性に喰いたくなってきた。
なんだかんだいっても、やっぱり東京ですね。

でも、青葉って昔は夏休み1ヶ月くらい取ってましたよね。

>美味しい食べ物が広まるのは良いですよね。

異議なし。

>これからちょくちょく拝見させていただきますね^^

どうぞ、どうぞ、お待ちしております。
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。