スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼鏡なき人生の終焉~初めて買った老眼鏡~ (6)

50年近く、眼鏡に縁の無い人生だった。

‘ひょっこりひょうたん島’の‘博士’に代表されるように(←古すぎ)、眼鏡と言えば、
博識・博学のシンボルであり、ガリベンキャラの必需品だった。

私も、若い頃は、あんなに勉強したのに(笑)、それよりに何より、ディーラーとして20年近く、
情報のモニターの刻々と変化する細かい数字を凝視し続けたのに・・・
遺伝のせいなのか、視力は極めて健全だった。

妻も、息子が生まれて、
‘視力だけは、父親似になってくれれば・・・’と何度口にしたことだろう。
(‘だけ’ってなんだよ、‘だけ’って)

ほんの一時期、片目だけ0.8とかに低下したことがあるが、基本的には1.0~1.5の
ゾーンに収まっていた。

1.5~2,0のハイスコアを記録してた頃もあったので、遠視だったのかも知れない。

遠視と言えば、電車の中で、車内の3つ先の中吊り広告を見ながら、連れに
‘へ~、ほにゃららってほにゃららなんだ’と言うと、連れは妙に熱くなって、
‘絶対に見えるはずがない、おまえは事前に見たんだろう’と嫌疑をかけられた。
‘じゃあ、俺がこれから、全部読むから行って確かめてこいよ’
本当に、確かめに行った彼は、‘ほんとだった’と力なく戻ってきた。

一番近い広告がようやく見える人から見れば、まさに信じられないことだったのだろう。

逆に、‘見える人間’からすれば‘見えない人間’の気持ちや行動が理解できない、
というか、想像できない。

誤解を招く表現になるかも知れないが、あの昔ながらの視力検査票の
トップにある0.1の‘あ’が、見えないというのが、想像できない。
見えない人は、どんどん前に近付いていくが、私には全く信じられない光景なのだ。
(私としては逆に、どれだけ後ろに遠ざかって見えるか挑戦したい位だ)

‘目が悪いと、夜景はキレイだよ’と自慢されたことがある。
自然にソフトフォーカス・モードにでもなるのだろうか。

そうそう、日頃から眼鏡をかけている人間は、サングラスをかけても似合う。
顔が、ナリポン並みに‘非シャープ系’でも似合って見えるのは羨ましい。

まあ、こんな身体になってスキーもできないし、サングラスとは無縁の人生になったから、
関係ないけどね。

そんな私も、加齢とともに、細かい文字を読むのに苦労するようになってきた。
先ず、家電量販店のチラシの細かい字が読めなくなった。
その後、昔の文庫本の文字サイズが読みづらくなったことに気付いた。

で、或る日100円ショップに行った時に、老眼鏡を発見。
それなりに、デザインも強度も種類があり、どれにしようか迷った。
10分くらい選んでいただろうか。

で、はたと気付いた。
‘俺はひとつ105円のブツを買うのに、なんでこんなに悩んでいるんだろう。
今まの人生で、眼鏡にかけた金なんてゼロなんだから贅沢をしよう。’


そうして、‘大胆‘にも、最後に残っていた4つの老眼鏡を、‘オール・マイン’したのであった。

‘こちら、4点でお会計は420円となります。’

眼鏡をかけた、レジのオバサンがちょっと怪訝そうな目で私を見た(笑)


因みに、進学競争が激化している中国では、その影響で、視力低下が急速に進行しているらしい。
大学生の70%が近視だという報告もある。

日本は、単に学力も視力も低下しているだけなような気がするが・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 三谷幸喜氏エッセイより面白いNariponの厭離庵ダイアリー

Nariponさん、お世辞で言うわけじゃなくて、シリアスな話、貴方の日々のダイアリーはこの頃なぜか奇妙な空しさに取り付かれ「やばい、これがミドル・エイジ・クライシスかしら!」と焦ってる私の人生の「明るい灯火」です。はっきりいって、この頃、パワーダウンしかけている三谷幸喜氏の朝日新聞木曜のエッセイ(←人生のささやかな楽しみの一つだった・・11時45分からほぼ毎日ラジオで清水何とかと対談しているらしいが。彼も一人でギャグ考えるより、人との会話を求めるようになったらしい・・・)より面白い!面白いったら面白い!しかも毎日読める!新聞よりパーソナル!仲良しクラブ化しつつあるTVのお笑いピン芸人のネタより筋が通った男ネタ!かつワールドワイド!
マッチ売りの少女(母の年齢だが)のごとく、ぽつり、ぽつりとこのコーナーを開けては、明るい光景を垣間見て、笑顔を取り戻す日々です。

老眼鏡には。。。

限りないほどエンドレスに哀愁を感じます。人として一度は何時か通る道。人は平等に年を重ねます。いずれ私にも枯れ木も山の賑わいと化すのかも知れません。
恐らく祖父母を両親を、そして自分自身を重ねるのでしょう。
ところで、使いごこちは如何ですか?

Re:眼鏡なき人生の終焉~初めて買った老眼鏡~(07/08)

老眼鏡の‘大人買い’ってどうなんでしょ??
私も、つい先日、パソコンを始めるに当たり、100円ショップで買ってしまいました(強度のもっとも弱いのを1つだけ・・)
同じように、メガネとは無縁だった私、学生時代に流行った‘レイ・バン’を、皆に笑われ、ひとり、家の中でかけていたのを思い出しました。。

Re: 三谷幸喜氏エッセイより面白いNariponの厭離庵ダイアリー(07/08)

ミドル・エイジ・クライシスさん
>お世辞で言うわけじゃなくて、私の人生の「明るい灯火」

いやぁ、誉められるのは、大好きだけど、ここまでやられると、
誉め殺しの感も・・・

2ちゃんなら、自作自演乙、とか書かれそう。

でも、こうやって誉められると、その分、手抜きが出来なって、プレッシャーも感じる訳で・・・

まあ、これからも楽しんで読めるように、洒落きかせます。

Re:老眼鏡には。。。(07/08)

kukuri6844さん
>限りないほどエンドレスに哀愁を感じます。

あの~、書いてる本人は全然哀愁なんて感じてないんですけど・・・
文書ってのは、一人歩きすると、色々な感じ方があるんだなぁと思ってしまいました。

>ところで、使いごこちは如何ですか?

まだ、私の老眼の程度も75円くらいなのか、使えますよ。

Re[1]:眼鏡なき人生の終焉~初めて買った老眼鏡~(07/08)

ミーハーおじさんさん
>私も、つい先日、パソコンを始めるに当たり、100円ショップで買ってしまいました

なんか嗜好も行動パターンも似てるかも・・・

>‘レイ・バン’を、皆に笑われ、ひとり、家の中でかけていたのを思い出しました。。

それって、なすび型の奴でしょ。
私は、友達のを借りて、悟って手を出しませんでした。
あと、当時の財布にはきつい値段だったし・・・

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。