スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~ (8)

偶数月が終ると、我が部屋の松井秀喜が、‘分身の術’を使い‘増殖’する。
今朝、その‘術’によって、松井秀喜が5人になった。


(えっ?何言ってるのこいつ。ヤンキースの試合が2日も無くて発狂したのか)

実は、MLB公認の松井秀喜のカレンダー(2100円)が部屋にあって、
カバーの他に、2ヶ月分で1枚の構成になっていて、都合7枚の松井の写真がある。

2ヶ月経つと、カレンダーをビリビリっとやる訳だが、終った分を棄てるなんて
一種の‘不敬罪’に該当するから、1枚のポスターとして、きちんと壁に貼り付ける。
穢土に棲んでいた頃の狭い部屋なら貼るスペースも限られるが、
幸いここ厭離庵の壁は充分に広い。

このカレンダーを入手する時に、ヤフオクで落としてくれた友人が遊びに来た時
‘どうせだったら、もう7枚貼っちゃえば?’
と言われたが、2ヵ月毎の‘ビリビリ’の作業を通して、月日の流れも感じたいので
それはやめた。

(あぁ、それにしても今年のヤンキース、10月は何してるんだろう)

ところで、私の人生を振り返った時、自分の部屋の壁を誰が飾っていたか。
そもそも、自分の部屋ができたのは、中学1年の時に家を新築した時だ。

当時は、各地のペナントを集めるのが流行っていて、自分が買うだけでなく、
誰かが何処かに行った時の、おみやげにもなっていた。

部屋ができたことにより、眠っていた、そのペナントたちが壁一面に張られた。

ただ中3あたりから、ペナントはガキっぽいと感じて、熱が冷めてしまった。

それに替わって、登場するのが映画のポスターだ。
高校に入って、映研に所属すると、‘使用済みポスター’は勿論、支配人の機嫌次第では
新品も無料で手に入った。
思いつくだけでも

明日に向かって撃て!
真夜中のカーボーイ(←カウじゃない)
ある愛の詩
ライアンの娘
ベニスに死す
スケアクロウ
エルヴィス オン ステージ
小さな恋のメロディ
ひまわり
風と共に去りぬ
1000日のアン
ボルサリーノ
サウンド・オブ・ミュージック
(その他いっぱい)



まあ、供給が十分だから、気分次第でチョコチョコ変えていた。
番外編では、ジャネット・リンなんていうのもいたなぁ。

ただ、部屋のドアに縦に2枚、‘不動の座’を占拠していたのは
リバイバルで観た、‘暗くなるまで待って’

あのオードリー・ヘプバーンが盲目の役を演じ、アラン・アーキンに襲われるサスペンスだが、
へプバーンの大ファンだった私は観てるだけで、マジで‘守ってあげたい’という気分に
なる映画だった。
あの薄いピンクのセーターの彼女が、いつもポスターの中に居た。

上京すると、映画のポスターはお金を出さないと買えない。
4畳半だから、ポスターを貼る壁が限られている。
あと浪人の身であったせいもあって、ポスターとは縁のない生活。

その後、大学生になって、ポスターの‘源’はパチンコの景品。

一時、血迷って、‘桜田淳子’なんてのもあったが、基本はちょうど現役引退した‘長嶋茂雄’

実は、あるポスターを手に入れながらも、結局、壁に貼られること無く、押入れに眠ったのがある。
矢張り、パチンコ屋の景品で手に入れたものだが、あの時代(1970年半ば)を生きた男なら
絶対見覚えのあるポスターだと思う。

可愛い女の子がヌードで、両手でリンゴを持ち、ちょうど‘核心の部分’を隠しているやつ。

名前は流石に、忘れたが、‘りんご’‘ヌード’でググッたら即ヒットした。(←便利な世の中じゃ)
彼女の名前は‘麻田奈美’

私はこう見えても(←どうも見えないけど)、超小心者で、パチンコ屋のオバサンに、
あのヌードポスターを頼むだけでも勇気が必要だった。

で、結局は友達が来たら時になんとなく恥ずかしいだろうなと思い逡巡し、
その後は、一応、女友達なんかもアパートに来るようになって益々無理になって、
封印したままになった

いまさら興味はないが、最近、あの頃の作品を再編集した写真集が出版されたみたいだ。

‘あぁ、この顔だこの顔だ’とわかってもらうためにリンク貼っておきますね。

林檎~another apple

林檎~another apple


ところで今年(2005年)の松井のカレンダーは去年のプレイ中の写真からチョイスしたものだけど、
あの、なにかね、‘億が一’松井がオフにどっかにトレードなんて場合は、写真はどうするのかね。

移籍先のユニフォームでも着て、素振りしたりポーズをとったりして、‘O.K.牧場’なんてやるのか?
やっぱ嫌だね、それ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~(07/01)

私は昨日の東芝の新聞全面広告が捨てられまぺーん。
かといって飾るには大きすぎるし、折るのも悪いような気がするし、てぇへんです。はひ。(^^;;

んで、長嶋さんはいよいよ明後日ですねぇ。行きたかったけど、やっぱチケットは手に入らなかった...

わが人生の「壁」を飾った人々

ヒーロー・イメージは人を元気にしてくれますよね。
『明日に向かって撃て』、邦題も良かったしポスタも良かったな。ちなみにわが人生の壁になくてはならないのはゴダールの『勝手に生きろ,人生』Vivre sa vie!のアンナ・カリーナ。スクリーン上に映るカール・ドラエイルの映画『裁かれるジャンヌ・ダルク』を見上げながら涙を流す美しきカリーナの顔のドアップです。フランスから持ち帰りました。その他、映画じゃないけど、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の絵。こちらは今日10時からTV『美の巨匠』で流れます。
あとはウォン・カーウァイの『ブエノスアイレス』のポスター。緑に赤字で「どこまで行く?地の果てまで』って文字が「お気に」です。下の方に抱き合う男二人の映像があって、ちょっと違和感はあるけど。ちんみにこの映画の中に出てくる「イグアスの滝」が、いいんです。
 ところでそのポスターのりんごは紅玉かなァ・・・居乳流行の今じゃ、ザボンでも隠しきれないだろうな。


マイ・ベスト・壁イメージは、映画なら

Re:我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~(07/01)

こんにちは。

犬親父も壁に映画ポスターの時期がありました。

ただし、一枚だけ。それは黒澤明監督の「生きる」でした。

志村喬さんが、雪の中でブランコに乗る白黒のポスターだったと思います。

年頃の息子がそんなポスターを貼っているのを見て、親が変な顔をしていたような...

Re:我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~(07/01)

我が家の壁も、まさに、‘ペナント’から始まりました。あの三角形と、フェルトのような手触りが大好きでした。今では、ほとんどのお土産やさんには、置いてないそうです。
同じように、その後、‘映画のポスター’
私は、先日 来日した‘オリビア・ハッセー’でした。同様に、‘山口百恵’なんていうのも・・・
そして、今は・・
オセロの松嶋尚美さん(ミーハーおじさんの本領発揮)です・・

Re[1]:我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~(07/01)

たる坊さん
>私は昨日の東芝の新聞全面広告が捨てられまぺーん。

地方紙にはなかったみたい。
でも、この前、家電量販店に行った時に、3メートルx1メートルくらいの垂れ幕があって、
‘テレビを買ったら呉れる?’とか交渉しようと思ったけど、布の質がイマイチだったし
3メートルって・・・

>んで、長嶋さんはいよいよ明後日ですねぇ。行きたかったけど、やっぱチケットは手に入らなかった...

という訳で、初めての長嶋ネタに挑戦。
久々にダフ屋が出没しそう。

Re:わが人生の「壁」を飾った人々(07/01)

イメージの狩人さん

>『勝手に生きろ,人生』
>『裁かれるジャンヌ・ダルク』
>『真珠の耳飾りの少女』の絵
>『ブエノスアイレス』

全部、全然しらな~い。(なんか高尚な感じ)
ゴダールは3月24日に、気狂いピエロに関して書いてるけど、私にはちょっと難しいかも。
『ブエノスアイレス』は純愛ぽいから分かるかも・・・

>ザボンでも隠しきれないだろうな。
隠しているのは、胸じゃありませんから・・・

>マイ・ベスト・壁イメージは、映画なら
これって、意識的に寸止め?

Re[1]:我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~(07/01)

犬親父さん
>ただし、一枚だけ。それは黒澤明監督の「生きる」でした。
流石、小説家は渋いっすね。

>年頃の息子がそんなポスターを貼っているのを見て、親が変な顔をしていたような...
我々の時代は、ヤクザ姿の高倉健(まあ、これはいいけど)、詰襟にハチマキの三島由紀夫が、けっこう人気があって・・・

Re[1]:我が人生の‘壁’を飾った人々~松井秀喜の‘分身の術’~(07/01)

ミーハーおじさんさん
>‘ペナント’から始まりました。
やっぱりね。

>私は、先日 来日した‘オリビア・ハッセー’でした。
ジュリエットだよね。
その後、布施明と一緒になってビックリ。

>同様に、‘山口百恵’なんていうのも・・・
まあ、これは私の、桜田淳子ですね。

>オセロの松嶋尚美さん(ミーハーおじさんの本領発揮)です・
歴史的には、かなり似てたのに、ここにきて、ギャア!

まあ、松井以外は、今は特にないっすね。


プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。