スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸マンションのエア・コン壊れてホテル暮らし~クレイマーの真骨頂~ (6)

今日、江戸は猛暑に襲われたらしい。
最高気温は大手町で36.2度、私が住んでいた練馬区で36.6度を記録、
6月の最高気温の記録を更新したとのこと。

このニュースを耳にして思い出した‘事件’がある。
1998年か1999年の7月初頭だと記憶している。

当時住んでいた、賃貸マンションは1987年に財閥系M不動産が
分譲マンションとして売り出したものだった。
ただ、中には購買後、それを直ぐに賃貸マンションとして貸し出すオーナーがいる。
その賃貸の一切をM不動産の子会社であるリース会社に委託するのである。

いわゆる‘法人契約限定’だったので、書類上は勤めていた銀行がリース会社と
契約を交わしていた。


その年の6月半ばに、リビングにあるエア・コンが壊れた。
このエア・コンは最初から備え付けのものだった。
一応3LDKとは言うものの、66平米の狭さ、ドアを開け放つと他の部屋にも冷気が流れるので、
エア・コンはこの1つしかなかった。

妻が電話をすると、直ぐに業者がやってきて、一応‘蘇生’した。
ところが、それから10日位経って、再び‘死亡’した。

妻は、‘もう10何年使ってるし、寿命じゃないですか?新しいのに交換したら?’と担当者に言うも、
同じ修理業者が現れ、無理矢理‘蘇生’させる。

それから、数日後の夜、再び‘死亡’。
もはや、天寿だったのであろう。

暑い寝苦しい夜を過ごした。

翌日、さっそく、妻が担当者に連絡。
流石に彼も交換に納得したようだが、その為には、オーナーを説得しなければいけないとのこと。
メインテナンスに関してはリース会社が判断できるが、エア・コンの交換費用は、
オーナーの負担になるから、諒解を取る必要がるあるらしい。

オーナーの諒解を取った担当者は、‘得意気に’或いは‘喜々とした’様子で妻に電話してきた。

‘なんとかオーケーを取りましたので、来週の水曜日に取り付けに行きます’


その日は木曜日、ほぼ1週間待たなければならない。
おまけによせばいいのに、連日35度を超える猛暑が続いていた。

そこで、妻から私に電話が入り、それまでの説明を聞いた。
そこから先は、私の‘仕事’だった。

早速、私は担当者に電話をした。
7時近くだったかな。

オレ「来週の水曜日というと、ほぼ1週間あるんですが、昨夜も暑くて大変だったし、何とか工事を早めてもらえないでしょうかね。」

テキ「いやぁ、この暑さで業者も手一杯みたいでして・・・」

オレ「そうですか、それは困りましたね。じゃあ、それまで、ホテルとか空調のある空間を用意してもらえますか。」

テキ「はぁ?」

オレ「ですから、どこかホテルでもとって・・・。」

テキ「それは、ちょっと・・・」

テキの声は‘こいつ何を言ってるんじゃ~’と呆れた感じだった。
そんなことには全くめげずに、オレは続ける。
大声を出す事もなく、罵声を浴びせる事もなく、飽くまでも冷静に・・・。


オレ「あの賃貸契約は、リビングにあるエア・コンを含んだ契約ですよね。」

テキ「はい、そうです。」

オレ「じゃあ、こういうケースを想定してください。
あなたが、夏休みをとり家族で旅行に出かけました。
予約してあるホテル(冷暖房完備)に到着すると、フロントの人から、
『あなたの部屋だけエア・コンが壊れています。生憎とこの時期ですので、満室です。修理の業者もお盆休みで無理なんですよ。申し訳ありませんが‘我慢’していただけますか?』
もし、あなたが、このような目にあって、このようにホテルの人間に言われたらどう感じますか。正規料金を払う気になりますか。因みに外は気温35度です。」

テキ「・・・・・・・・ただそうなりますと、私の一存では決定できないので明日上司と相談しまして、お返事いたします。」

オレ「今晩をどうするかを問題にしているんですが・・・。上司の方は携帯電話とかお持ちじゃないんですかね。」

テキ「・・・わかりました。」



その辺はさすがに大手企業、担当者の質も悪くはなかった。
その後、程なく連絡があり、翌日からのホテルを手当てする、ホテルの選択は相談の上決定する、
ということで合意した。

結局、ホテルのクラスは要求通りにならず2級になったが、5ナイツのホテルは手当てしてくれた。
たぶん、12万円くらいの‘経費’になったと思われる。


最初は、ちょっとした旅行気分になり、近所のテーマパークに行ったり、
ヴェトナム料理を食べたりして、楽しんでいたが、家に較べるとホテルなんて居心地は悪い。
3日目には、やや涼しくなったこともあり、妻と息子は、エア・コン無しのマンションに帰宅し、
私ひとりが取り残された。

この話を、会社の連中や友人にすると、‘そこまでヤルか’と、反応はどことなく冷たかった。

発想としては奇異かもしれないが、当事者である先方が、結局は争うことなく
あっさりと認めざる負えない論理を主張しただけなのに・・・。

なんで、第三者であるみんなの目が冷たいのか。

私の人徳の無さなのか、クレイム行為に対する日本人の文化の違いなのか・・・。
因みに、外人連中には‘仕事ぶり’を誉めてもらった。

ところで、この記事を読んでくれた、あなたも、どっかで白けた?(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本人離れ

 1番ゲット (って、ここは2チャンネルか)
 なーるほど。私だったら「ぶつくさ」言いながら我慢すると思いますが、それで自分は人柄がよくナリポン氏が嫌な奴だとは思いません。受験勉強に強いものは得をする(当節はそう単純じゃないかも)、ネゴシエーション能力のあるものも、相応の成果があるということでしょう。
 (箴言)自分とは違っても他人の甲斐性をやっかむことはない。

 文化の違いってあるのでしょうね。政治的な主張とは関係なく、「靖国」などでの中国や韓国の対応をみて、「札付きクレイマー」みたいに感じる日本人は多いと思う。
 むかし読んだ本で、小室直樹氏が「『権利ばかり主張する』という言い方をよくするが、権利とは本来、主張するものだ」という趣旨のことを言っているのを思い出しました。
 ナリポン氏の行動は日本人にはうけないと思います。ただ同じことを外国人の同僚がやったら、「さすが彼らは自分の主張をはっきり言うね」と好意的な反応をしたのではとも想像されます。

アネゴシエイター

個人的にはナリポンさんのやりとり大爆笑させられました。阪急電鉄の犠牲になったあの本当に気の毒なマンションの住人の方たちの助っ人になれるのはあなたですわ!(ほんと、阪急電鉄の対応は許せませんわ!)
でも、低姿勢型の弟ユースケを歯がゆく思うアネゴシエーターとしては、法人契約をたてにとった子会社の担当イジメっぽくも聞こえ、皆さんの冷たい反応もちょっとわかるよーな。やっぱ、それが法人契約結べるような大会社の人間ではなく、普通の安サラリーマンでしたら、「そんなら扇風機三台(部屋数分)持ってくるぐらいの誠意示したらどうです。タイマーつき、おやすみモードつきがいいですけどね!」とスゴんでみせ、軽くネーム入りうちわ三枚+水羊羹の手土産ぐらいでいなされそうな気がします。でもそこからが妻の仕事です。すかさずリビングに通し、冷蔵庫から麦茶を出し、冷えたグラスに注ぎつつ、うちわで仰ぎながら、「東京の夏は暑いですわぁ、かなわんわぁ」ってアピール。営業マンの顔をたてつつ、「何とかあの家族の役にたちたい」という気にさせる・・そんな話やったらこの殺伐とした世の中、みんなの心温まるんやないかと思いますけど。

Re:賃貸マンションのエア・コン壊れてホテル暮らし~クレイマーの真骨頂~(06/28)

旅行先のホテルでそんなめにあったら誰でも怒るし、ホテルだって何か配慮するでしょうね。
でも、それが賃貸マンションだと、借りてるほうも貸してるほうも、なりぽんさんのような
発想はできないのが普通だと思います。

だから、なりぽんさんの発想は、奇異じゃなく奇抜だと思います。
周りの反応が冷たいのはわかる気がしますが、それは気にすることはないと思います。

他人は、誰かが成功した話は嫌いですからね。
あとはそういう発想ができない自分とくらべて、やっかんでるのかも。

なりぽんさんが、ボクの周りにいたら頼りにしちゃいますよ。

Re:日本人離れ(06/28)

逸爾散士さん
> それで自分は人柄がよくナリポン氏が嫌な奴だとは思いません。
ホントですか?(笑)

>受験勉強に強いものは得をする(当節はそう単純じゃないかも)、
これは弱かったです。

>ネゴシエーション能力のあるものも、
これは結構あります。

> (箴言)自分とは違っても他人の甲斐性をやっかむことはない。
御意!

>小室直樹氏が「『権利ばかり主張する』という言い方をよくするが、権利とは本来、主張するものだ」という趣旨

慌てて、小室直樹をググル無学。
でも。そいつは良い事を言った。

> ナリポン氏の行動は日本人にはうけないと思います。
やっぱりね。

Re:アネゴシエイター(06/28)

交渉人真下正義の姉さん
>個人的にはナリポンさんのやりとり大爆笑させられました。

笑えるあなたの器は大きいと思います。

>法人契約をたてにとった子会社の担当イジメっぽくも聞こえ、皆さんの冷たい反応もちょっとわかるよーな。

いや、法人契約限定というのが、ある意味、借りる側をイジメてる訳で・・・

>皆さんの冷たい反応もちょっとわかるよーな。

どうせ、わたしはね、そんな人間ですよ。

>そんな話やったらこの殺伐とした世の中、みんなの心温まるんやないかと思いますけど。

だから、猛暑の中では、私のようなこころが凍てつくような話の方がいいかも(笑)

Re[1]:賃貸マンションのエア・コン壊れてホテル暮らし~クレイマーの真骨頂~(06/28)

ぎょえてさん
>なりぽんさんのような発想はできないのが普通だと思います。

<(^。^)>エッヘン

>だから、なりぽんさんの発想は、奇異じゃなく奇抜だと思います。

それいいっすね。

>周りの反応が冷たいのはわかる気がしますが、それは気にすることはないと思います。

結構気にしたんですが・・・

>なりぽんさんが、ボクの周りにいたら頼りにしちゃいますよ。

マジな話、生まれ変わってやりたい仕事は断然‘弁護士’


プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。