スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米

毎秋、その年の新米を最初に口にしたとき、
必ずや存在する先入観を考慮しても、やはり美味いと感じる。
米の世界では明らかに価値を持つ『新米』なのに、
組織や社会では『あいつは新米だから・・・』と、途端に価値が下がってしまう。

新米の美味さの有り難味もこの時期になるとやや色褪せる。
口が慣れるのか、新米がそのフレッシュネスを失うのか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。