スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Who's Your Daddy?~父の日の‘威光’は~ (6)

今日は、父の日だ。

私にも中学生の息子がひとりいるが、特に何かを言われるわけでも、されるわけでも無い。

幼稚園の頃は、幼稚園で素直に‘調教’されて、‘肩たたき券’だの
‘似顔絵プリントのTシャツ’だのを、貰った記憶がある。

そもそも、バレンタイン・ディや母の日に較べても、父の日の認知度は低い。
歴史的にみても、最も‘新参者’のようだ。

別に何か確たる調査結果がある訳でないが、子供達がオヤジに言われて
最も不快に感じるセリフは、この辺だろう。

‘誰のおかげでメシが食えると思っているんだ’
‘それが、親にむかって言う言葉か’


昔のオヤジ達は、なんの抵抗もなく平気で吐いたセリフだが、
そう言われて、育った世代が親になると、吐けなくなった。

自分が感じた不快感を味あわせたくないと言う、‘善意の解釈’も成り立つが
基本的には‘家族の力学’の変化のような気がする。

民主教育や人権意識の浸透によって、そういう言葉を口にすることに抵抗を感じるように、
なったのかも知れない。
そういうセリフを浴びせられた自分の子供たちが、キレて非行に走ったり、挙句の果てには、
とんでもない犯罪を犯したりすることに危惧を抱いているのかも知れない。

ただ、そういった小賢しい説明以前に

単に、オヤジ達が弱くなったのだ

私も例外ではない。

若い頃から、上司に平気で噛み付いていたし、相手が外人だろうと日本人だろうと、
攻撃的になればそれ相応の‘実力’を発揮できるのに、

息子は、恐らく最大の苦手な相手なのかも知れない。

妻は、一応気を遣って、今夜のメニューを考えてくれた。
これも、飽くまでも、ノーイベントだと微妙に不機嫌になる私を意識した‘危機管理’の一環だ。

虎の子の、キャビア30g、いつもきっちりと3人で牽制しあいながら、10gずつ等分にしているのが、
今日は、オヤジへの敬意を表して私の取り分は13g(目分量だけど)、
15gを主張したが、見事に却下された。

父の日の‘威光’は、キャビアの取り分3g増量だった。


因みに、日本で父の日の普及に努めたのは、簡単に想像がつくが、ネクタイ業界だそうだ。
今年は、クールビズで大苦戦だろうな。


ヤンキースの松井は、母の日は、ピンクのリボンにピンクのリストバンドをつけて出場。
絶不調だった時期だが、その日は3打数2安打、打点1。

父の日は、ピンクではなくブルーに変えて出場するらしい。
父親が観戦している時の、打率、HR率が異常に高い松井選手・・・
またまた活躍して欲しいものだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

祝!ジータ 自身初の満塁弾

昨日TBを頂きましたが、短文にて失礼いたしました。 もちろん目覚ましをかけて、生でTVを見てました。
なりぽん様のストライクゾーンの広さにただただ驚いております。
まさか、「摩邪」マデ出てこようとは・・
わたしは、まぁせっかくパソコンを始めるならば、ブログ とやらもやってしまえ! と言う事で始めたばかりのスーパー初心者です。なりぽん様は、たぶん松井以外では、雲上の人かと思いますが、(ヘビースモーカーだし・・)またちょくちょく寄らせて頂きます。
今日は、サッカーを見ながら、Gamedayです。

実家は上板橋でした。

父の日の翌日

月・火・水と出張して、ホテルと交通機関の利き過ぎたエアコンで気管支炎になって、39.1度も熱を出して木・金・土・日と4日間も寝てしまった。
復帰第一日目の今日は、書類やオフィシャルメールに目を通すだけでタァ~イヘン。
特に「ナリポンの厭離庵」もオフィシャルと同等扱にしているので、溜まるとこれもタァ~イヘン!

タァ~イヘンな父親に、大学生で親元を離れた気楽な息子からは、読むのにラクゥ~な「いつもありがとう」っていう携帯メールが一行だけ……。

う~む…。

Re:祝!ジータ 自身初の満塁弾(06/19)

シニアさん
>なりぽん様のストライクゾーンの広さにただただ驚いております。
いやぁ、50年近く生きてますから・・・

>まさか、「摩邪」マデ出てこようとは・・
あれは、我ながら結構ヒットかと・・・

>(ヘビースモーカーだし・・)
私のようにならないためには、やはり禁煙を真剣に検討されてはいかがと・・・

>今日は、サッカーを見ながら、Gamedayです。
ダブル勝利で良かったよね。
大黒はやはりゴンのようなガッツがある。

>実家は上板橋でした。
えっ、私どっかで匂わせたかな?
ラーメン屋?

つーことは私の記事相当読んでくれたってこと。
有難う。

Re:父の日の翌日(06/19)

hiroponさん
>特に「ナリポンの厭離庵」もオフィシャルと同等扱にしているので、溜まるとこれもタァ~イヘン!

今度は‘頭痛’に襲われたりして・・・

>大学生で親元を離れた気楽な息子からは、読むのにラクゥ~な「いつもありがとう」っていう携帯メールが一行だけ……。

いや、誰かの日記みたいに、だらだら50行より、その1行で十分でしょ。

>う~む…

とか言いながら結構、嬉しいもんでしょ。
結局、こうやって、‘海老で鯛を釣られる’最近の親子関係
まあ、海老がないよりは遥かにマシでしょ。

父の威光

ナリポンさん、キャビア3gには爆笑いたしました。いつも奥さんがさりげなく登場してさりげなく気を遣いつつしっかり管理してるご様子がうかがわれ微笑ましいです。我が家の息子は保育園で父の顔を書いた時はなぜか青と黒、「青ざめた、感じ悪い父」像を書いてました。実際、あんまり息子のことは可愛がってない人ですから(幼い頃、外で肩車してやってといったら、自分でやれば?といわれ、157センチ49キロの私が178センチ長身の夫の横で息子を肩車し、美術館まで歩いた記憶があります)いい気味と私など思いましたね。小学校の時は、自分の顔と父、というテーマみたいな絵で、背後の父はベルトを締めてたってる顔のない人でした。これにはさすがに無言。高校受験の時に願書を書いていて、父親の漢字を知らなかったのが判明、これには絶句!そんな息子もどこかで父を無意識に真似るのか、高校で買ったコートはなぜか長い黒コート(渋谷の客引きみたいでした)、大学進学後に買ったスーツを着て塾講のバイトに行く時もいつも父親のシャツとネクタイを身に付けます。父子って不思議!娘ぬきの三人で夕食のテーブルにつく時の微妙な沈黙と不自然な饒舌の間でいつも気をもみがちな母にとっては、ナリポンさんの息子さんへの気遣いは実に誠実な思いやりを感じて好感がもてます。

Re:父の威光(06/19)

エディプスの母さん
>しっかり管理してるご様子がうかがわれ微笑ましいです
当事者たちは、寒々としていますよ。

>小学校の時は、自分の顔と父、というテーマみたいな絵で、背後の父はベルトを締めてたってる顔のない人でした。

確かにこれは、凍ってしましますね。
逆にいうと、子供ってすごい感性の持ち主とも言える。

>ナリポンさんの息子さんへの気遣いは実に誠実な思いやりを感じて好感がもてます。
それは明らかに買いかぶりですよ。
I don't know how to love him.(←勿論、小文字)
で、マジに悩んだり苛立ったりしてますよ。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。