スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふたたび‘禁煙のススメ’~ Better Late Than Never!~ (2)

5月31日の記事、世界禁煙デー~あなたが好きだから‘嫌煙’の仲~、は私自身が積極的に
TBしたせいもあって、多くの方からコメントを頂いた。

その中で、そもそも禁煙賛成の人達、喫煙していたが禁煙に成功した人達はそれでいい。

問題は禁煙しようかなと考えていながら、いま一歩踏みきれないとか、過去の禁煙失敗に
懲りて諦めている人達だ。

今年の2月から始まった、例のホリエモン騒動。
騒動のさなか、衆議院予算委員会での麻生総務大臣の答弁が妙に気に入った。

放送分野への外資進出に関しての質問にこんな感じで答えた。

‘ 間接規制は、まあ昭和二十五年に想像してつくった人はおらぬということでしょうな、
多分そういうことなんだと思うんですね。’

更に、法律制定以来、なぜ一度も改正されてないことに関して訊かれたときの答弁が悪くない。

‘やはり試験の前にならないと勉強しないというのと似たような心理だったんだ、
多分基本的にはそうなんだと思うんですね。’

育ちの割には人相もあまり良くなく、いつも口を『へ』の字にして、ずばずばとシニカルな
発言をする麻生氏。
過去には、創氏改名に関しての失言もあった。

だが、事の本質は別として、この発言はイイ。

‘やはり試験の前にならないと勉強しないというのと似たような心理’

そうなのだ、人間は試験の前には一応勉強するじゃないか。

多くの喫煙者は、禁煙が義務付けられた空間では喫煙を我慢している。
それが短時間の場合もあるが、例えば10時間を超えるフライトでも機内全面禁煙なら耐える。
中には、トイレ内で吸って‘事件’を起こしニュース沙汰になる場合もあるが・・・。

そういう意味では、喫煙者のほとんどがニコチン中毒と言いながらも、
こういった‘小さな試練’は克服しているのだ。
今後、より一層禁煙空間が増えれば、自ずと‘試練’は日常化するだろう。

そう考えると、もはや小テストはクリアーしているのである。

ただ、人生のうえで、いつが本当の‘試験’なのかは分からない。
その‘試験’さえ自分で意識できれば、‘やれば出来る子’になれる可能性は大なのだ。

試験に備える気はあるのに、結局気づいた時は、否応なく‘不合格’の烙印(病気・死)を
押されていたのでは、悔しすぎないか。

私自身、超のつくヘビースモーカーだったから、タバコの害をいくら繰り返し指摘されても、
意外に説得力がないのも知っている。
ここは、逆に禁煙したときの効果を記してみよう。

完全禁煙した場合の時系列的効果

START!

20分 血圧や脈が正常に戻る
手先、脚先の血流が戻り冷えが改善する。

8時間 血液中の二酸化炭素値が正常値に戻る。
血液中の酸素の値が正常値まで戻る。

24時間 心臓発作のリスクが減る

48時間 末端神経の感覚が 正常に戻る
味覚、臭覚が正常に戻る

2週間~3ヵ月 新陳代謝が活発になる。
ウォーキングなどが楽になる。
肺機能が30%アップする。

1~9ヶ月 全身の活力が増加する。
タバコによる慢性的な症状(咳、鼻詰まり、疲労感、息切れなど)が減る。
腸の野船も活動が正常に戻る。それによって、体の粘液や、気道を浄化する
能力が高まり、呼吸器の感染の危険を減らす事が出来る。

1年 血栓症や心臓発作のリスクが半減する。

5年 肺ガン死の可能性(一日に一箱吸っていた人で)がおおよそ50%減少する。
口腔がんの可能性も喫煙者に比べ半減する。

10年 肺ガン死の確率が非喫煙者と同程度になる。
前癌状態の細胞が正常細胞と置き換わる。
発作の確率が顕著に下がり、ほぼ非喫煙者と同程度になる。
喉頭ガン、口腔ガン、食道ガン、膀胱ガン、肝臓ガン、
すい臓ガンになるリスクが減少する。

15年 血栓症による心臓病になる確率が非喫煙者と同程度になる



いつ禁煙に踏み切っても“決して遅くはない”

Better late than never(遅くてもしないよりはまし)なのだ。


ところで、今晩のWカップ予選日本vsバーレーン戦。
喫煙者が苛立ってその本数が増えるような展開にならないように祈っている。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

医師のように・・・?

下手な専門家より説得力ありますね。
是非実践されて下さい。

ところで麻生氏ですが、赤坂のとある場所で私と氏はあわや正面衝突しそうになり・・・氏曰く失礼!と・・・
TVで見るより実物はかなりオーラもあり、仕立ての良いテーラーが際立ち、お顔もそう酷くは無かったのでビックリ。悪人顔も夜の明かりでは品良くなるらしい。
そして極めつけが、氏の前後をガードしていた・・・・
SP。
彼らが更に上をいっていたと思うのは私の勘違いだったのか・・・
氏をはじめ国会議員の皆様には税金を正しく謙虚に使って頂きたい。
そして麻生セメントの汚点も氏が墓場まで持って行くつもりなのか、機会は無いでしょうが尋ねてみたいものです。

Re:医師のように・・・?(06/03)

kukuri6844さん
>下手な専門家より説得力ありますね。
そりゃ、下手な人よりは、上手かも・・・
というか、すべて実体験に基づいている強みかな。

>ところで麻生氏ですが、赤坂のとある場所で私と氏はあわや正面衝突しそうになり・・・
麻生より、あなたの日記にあった、新幹線で遭遇した故二子山親方の話はイイ話ですね。
でも、彼は愛煙家だったんですよね。
お棺の中にも、タバコいれたそうです。


プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。