スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮里藍初Vでランキング1位、松井秀喜は大叩き?~宮里藍と松井秀喜の波長は同じ~ (4)

昨日のスポーツニュースで宮里藍が2位に6打差の首位に躍り出たのを知った時に、
私は妻にこう言った。
‘これで、明日は松井がホームランを打つ’

長年、ディーラーをやっていたせいで、ものごとの流れを‘波動’で見てしまう癖がある。
チャート分析で言えば、‘エリオット・ウエイブ’という理論が有名だし、実際の相場でも有効だ。
私が言っているのは、そういうものではなく、私が勝手に感じる‘波動’だ。

藍ちゃんは2月に、北田瑠衣とペアを組み、W杯で見事優勝。
その足で参加した、ANZレディースマスターズでは殆ど優勝しそうな勢いで、最後は逆転
されたものの堂々の2位。
帰国したときは、マスコミ陣が例によって大挙して押しかけ、藍ちゃんブームを盲目的に煽った。
ご当地沖縄での国内初戦のダイキンオーキッドレディスは、前年優勝の縁起の良い大会だったが
27位タイの実質惨敗。
その後、アメリカでのクラフト・ナビスコ選手権では、格の違いを見せ付けられた。

再び国内に戻るが勝てない。
フジサンケイレディスクラシックでは14オーバーの53位タイとまさに惨敗。
予め決めていたのか、突然決めたのかはわからないが翌週のカトキチは欠場する。

この休養が効いたのかサロンパスワールドレディスでは3打差の4位。
そして今週のヴァーナルレディースは、2位に8打差のぶっちぎりで今季初V。
おまけに、1位賞金が2160万と高額なため一気に賞金ランキングのトップに立った。

フジテレビの安藤優子が『藍ちゃんって、プレイしている時とってもハンサム』と言っていたが
全く同感。
プレイしていない時は、‘クロマニョン人’に見えてしまうのだが・・・(笑)

ところで、ヤンキースの松井秀喜もオープン戦は絶好調。
おいおい、早く開幕してくれよって感じだった。
実際開幕した直後も文句無しのスタートをきった。
現地の新聞もMVP候補の記事を掲載、私も興奮気味に日記(4月6日)
♪1日1本、2日で2本、シーズン終ればMVP♪~Godzilla~を書いている。

その後も、まあまあの成績を残していたが、次第に不調、絶不調に陥る。
チームも松井の不振だけでなく、投手陣が壊滅状態にあって借金8まで拡大。
それから、まあ相手に恵まれて7連勝、それでもまだ借金1。

う~む、借金は恐いね。ご利用は計画的にってか。

ところで、その松井の今日だが、6打席5打数4安打、2塁打がなんと3本。
第6打席は打った瞬間、イッターーーーーーーーーと思ったのだが。
TB7で打点が押し出しの1点というのは淋しいが、それでも打点29はリーグ6位だ。
打率も一挙に2分上昇した。(それでも0.255だがOrz)

そういう意味では(←どういう意味)、藍ちゃんと松井の調子の波動は酷似している。
今後はふたりとも上昇トレンド、好調期に突入だ。

そうか、待てよ、藍ちゃんが優勝したのは15日だから、
松井がホームランを打つのも、現地の15日、我らが明朝の試合だ、って解釈が正しいかも(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい分析

Nariponさん、はじめまして。
藍ちゃんと松井の波動は確かに酷似してるようですね。というより、松井お願いだから波長をピッタリ合わせてホームラン打ってくれよ、もうそろそろ。
今日の第6打席はよーーーーっし!って思ったとたん、フェンスに当たってがっかり。
どうか、Nariponさんの分析が当たりますように。

ホームランホームラン松井

自分もあれは入ると思いました。
マルチネスがあれだけ打てるのに松井のはなんで入らないんだろうと考えてしまいます。
ヤンキース20連勝、松井10試合連続ホームラン、見たいですね。

Re:素晴らしい分析(05/15)

KUROROさん
>どうか、Nariponさんの分析が当たりますように。
あの後ランディー・ジョンソンの時はよく打つ理論も気付いて、
もうこりゃあ、打たないわけがないと、思ったのですが・・・。
打ちませんでした。
素晴らしい分析だったけど、結果は素晴らしくはなかった。
まあ私はヤンクスが勝って無借金になったからいいんですが、
KUROROさんはあくまでも松井命っぽいですね。

Re:ホームランホームラン松井(05/15)

ねあがり君さん
>マルチネスがあれだけ打てるのに松井のはなんで入らないんだろうと考えてしまいます。
今日も2本ですよ、8試合で8本。
神様が魔法をかけるとき、おなじMでもかけ間違えたのでは(笑)

>ヤンキース20連勝、松井10試合連続ホームラン、見たいですね。
そりゃ、絶対みたい。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。