スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒゲの傲慢記者」の社名が判明~さっそく当該社へ電話突撃~ (24)

本日発売の週刊新潮が、時の人‘髭の罵倒記者’を取り上げている。
■「記者会見で罵声」を浴びせた「ヒゲの傲慢記者」の社名


2ちゃんのニュース速板によれば下記のような内容だそうだ。

記者は、読売新聞大阪本社、社会部記者のTさん、5年前に中途採用、近年、広島より大阪に異動。
広島では原爆問題などを中心にやり、最近では浅田農産の問題にも取り組んだ人のようです。
常にどこかに所属するような立場ではなく‘遊軍’と言われる大事件の時に本社から派遣されるという感じの人だそうです。
ちなみに、髭はこの前すでに剃ったそうですw

読売新聞では映像が流れてからの批判を考慮してJR西の会見から1日外したそうですが、その後すぐに復帰したようです。



私も現物を早速買いに走ったが、実は、恥ずかしながら私の地方では明日発売とのことOrz

まあ、2ちゃんの内容が正しいことを前提に行動開始。

先ずは、大阪読売に電話してみた。読者センターだ。


オレ「本日発売の週刊新潮の記事の中に、あのJR西日本で罵声を浴びせていた髭の記者が、貴社の記者だとあったが、本当でしょうか。」
読売「本当です」
オレ「ああ、そうなんですか。残念な話ですね。」
読売「はい、日頃から指導していたんですが。」
オレ「その後も記者活動をさせていたのはまずかったのでは」
読売「現在はしていません。」
オレ「ああ、そうなんですか。やはりあの態度は‘不適切’だったと会社としても思っていたんでしょうか。所謂謹慎中みたいなもんですか」
読売「そうですね。」
オレ「だったら、こうやって誰かに暴かれる前に、これこれの処分をして謹慎中ですとか、自ら発表すれば、社のイメージも随分変わったと思うんですが。」
読売「そうですね。」
オレ「まあ、でも彼のお陰で、今回のJR西に対するマスコミ、メディアのあり方に、これだけ多くの人間が興味を持ったかも知れませんね。
そういう意味では、彼はなかなか象徴的な存在でしたよ。」
読売「はあ」
オレ「ところで記事には、彼は‘遊軍’といういわばリベロみたいな存在とあったんですが、事実ですかね。すると、ある意味‘実力’はあったんでしょうね。」
読売「はい、そういう役回りでした。」
オレ「すると、大事件になると出動すると言う訳ですね。記事には浅田農産の鳥インフルエンザ事件も担当していたとありますが・・・」
読売「そのへんはちょっと違いますね。」
オレ「そうなんですか、てっきりあの調子で厳しい取材をしたのかと思いましたが。」
読売「それは、ちょっと感じが違います。」
オレ「いやぁ、しかし残念です、私も40年近くのジャイアンツファンですから・・・(←ウソ今は違うよ)ところで、読売大阪の人は阪神なんですか巨人なんですか。」
読売「私は巨人です。」
オレ「ああ、あと記事には記者が髭を剃ったとありましたが本当なんですか。」
読売「いえ、髭は剃ってませんよ。そこの所は調子に乗りすぎですね。」
オレ「えっ、そうなんですか。じゃあ、新潮の記事がガセってことになりますね。
へっー、それって私には結構重要なんですけど。巷では‘髭記者’で通ってましたからね。
謂わばひとつのアイデンティティだった訳ですよ、あの髭が。
それを剃ったとなると、彼が反省して頭を丸めるが如く、何か期するところがあったとでも解釈できるんですがね。
ああ、そうですか。髭は剃ってないんですね。」
読売「はい、剃ってません。」
オレ「キッパリですね。わかりますた。どうも有難う御座いました。」




私が極めてソフトに話をしたせいか、先方の対応も好印象だった。
飽く迄も私の印象だが、浅田農産の取材に関わったかどうかは、微妙。
例えば、援軍として少しは関わったが、本格的にはやっていなかったとか?
髭に関しては、剃ってないと実に自信たっぷりに言っていたから、剃ってない方が
正解かも。


そこで、今度は新潮社に電話してみた。

オレ「すみません、週刊新潮の記事についてなんですが・・・。」
新潮「はい、なんでしょう。」
オレ「あのう、髭記者に関しての記事なんですが、さっき読売新聞大阪に電話をかけたところ、先方も事実は認めました。ただ、髭は剃ってないとのことなんですが・・・。
すると、今度は週刊新潮さんの記事が捏造ってことになるんですが。髭を剃ったというのは事実なんでしょうかね。」
新潮「厳正な取材に基づいて記事は書いておりますので、事実だと思いますが。」
オレ「ああ、そうですか。でも先方はかなり自信ありげでしたよ。まあ取材時期とかの問題もありますが、彼がいくら髭が濃くても、数日であそこまで生えるのは難しいでしょ(笑)」
新潮「(笑)はい、そうですね。実は今日と明日は記者は休みなんですよ。」
オレ「あぁ、そうか。週刊誌の人達ってそういうサイクルで週を送ってるんだ。実は私はブログといって個人でこういう記事を載せたりしてるんですが、先ほどあなたが仰った内容、つまり‘取材をしているから事実だろう’という新潮さんの公式な見解でいいですか。」
新潮「少々お待ち下さい。(といいながら10分近く待たされる)やはり金曜日にならないと・・・。」
オレ「わかりました。ちょっと金曜日までは待てないので、取り敢えずさっきの感じでアップしておきます。別にあの記事は嘘だなんて書きませんが、読売大阪は否定しているとは書いておきます。金曜日前に例えば、爆睡中かもしれませんがその記者に連絡して、ブロガーとかいう変な奴からこんなこと言われているんだけど・・・なんてアクションを取る気はないですよね。」
新潮「少々お待ち下さい。(またまた10分くらい待たされる)やはり、直接確認したければ金曜日に連絡してください。」
オレ「はい、かしこまりました。まあ実際連絡するかどうかはわかりませんが、こんな電話があったとは一応お伝え下さい。」
新潮「わかりました。」




まあ、ひとことで言うと、今日はライトパーソンが居なかった。
都合20分、2度も待たされている間、誰と何を話していたかは不明だが、結論としては
‘危うきに近寄らず’のスタンスか・・・

午後になって、現役時代の私の右腕役だった女性ディーラーに電話で頼みFAXを入手。

内容は冒頭に載せた通りだ。

ただ締めくくりが‘ヒゲがなければ虚勢も張れないようだ。’となっている。
もし、ヒゲを剃っていないとすれば、まだ幾らでも虚勢を張れるということになるが・・・。


ところで、‘髭記者’と打つと‘悲劇者’と変換されるのはなんか意味があるのかな(笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

えらい

電凸すばらしい!
読売新聞、隠さないのも偉いもんだ。
ただ、本当に反省しているかが……んー。

グッジョブ

いい仕事してますね!
TBSに続くヒット作、お見事の一語につきます。
これからも頑張って下さい。

ああ

おもしろいけど、記事中の電話の口調にヒゲみたいなDQN臭が漂ってて残念です。

すばらしい!

電話突撃、ありがとう!!
隠さない読売新聞、まあ、いいでしょう。
でも、ここまでやったなら、記者名は出さなくとも「うちだ!すまん。」ぐらいの謝罪記事を載せるべきだね。とおもったりもします。

直凸例を、紹介させて下さいね。

おてなみ鮮やか、電凸GJです。
新聞記者@アホに直接かかわり合いはありませんが、話題のアホ広告@資生堂への直凸例を
トラックバックさせて下さい。よろしく。

記者の氏名、2chニュー速に現る

「竹村文之」という説が出てきてます。
かなり有力っぽい。

早いですね

相変わらず素早いフットワークですね。

グッドジョブ!

すばらしですねこれは取材です。

いい仕事してますね。
これで新潮を買わなくてもすむw

2chから来ました。
これからもがんばってください。ちょくちょく見に
きます。

すばらしですねこれは取材です。

いい仕事してますね。
これで新潮を買わなくてもすむw

2chから来ました。
これからもがんばってください。ちょくちょく見に
きます。

電凸王

あなたは電凸王
行動力、会話力、文書力全部イイ!!!
次のターゲットは何ですかw

なんだかお前もヒゲ記者みたいになりそうw

同じ臭いを感じるなぁ 

Re:「ヒゲの傲慢記者」の社名が判明~さっそく当該社へ電話突撃~(05/11)

はじめまして
面白く読ませて頂きましたが、これでもし本当に髭を剃ってなかったら、新潮もいい加減ですね。
週刊誌だから仕方がないかも知れないけど、自分はたち読みしましたが、髭を剃ったことを大々的に書いてました。

私の叔父は元記者でした。

学生時代、この叔父から、現場の裏話をよく聞かされました。
思えば、私が本多勝一しに傾倒したのも、この叔父の影響かもしれません。
取材の裏もギリギリの場合も無い事もない・・・と
記者仲間の絆も結構固く、特に新聞は締め切りとの競争ですから。
随分前になりますが、週間文春に大阪医大泌尿器科の製薬会社と医局の癒着により裏金が当時の医局長に流れて・・・んぬんとスクープ記事として掲載されました。現実にはそのような事は無いにひとしかったのですが、弁解の余地無くお気の毒でした。
記事によると、その先生が一万円札をばらまくのは論より証拠とし記事は構成されていたよう記憶しますが、その先生には何度か私もお札を無理やり頂いた事があり、よく知る者は奥様に叱られるーと。
自腹で呑むと後先考える事無く・・・が事実でした。
情報社会の落とし穴です!!!
ニュースを読む力は現代人のインテリジェンスです。相手を攻める事より、事実を正す過程において
間違ってしまったのはなぜ?そしてどう事実を載せていくのか?個人の責任の名において最後まで目を離さない。こんなささやかな努力も必要なのでは?

(*^ー゚)b グッジョブ!!

2chのマス板電突隊スレから誘導されてきました。読売と新潮両者に確認取ったのは素晴らしいです。お疲れ様でした。また報告ありましたらマス板にリンクしてもらえないでしょうか?すぐに飛んできますので。よろしくお願いします。

Re:「ヒゲの傲慢記者」の社名が判明~さっそく当該社へ電話突撃~(05/11)

ネットがなければ悲劇者じゃなかった髭記者も話題にならなかったかもしれませんね。マスコミもいまや監視される時代になった・・・まあ、よいことです。

汐留

以前、おじゃましたものです。
きちんと電話での確認、ブログの可能性を感じます。
マスコミは汐留のJR跡地を超割安で取得したから、JRの経営の根幹は批判しないとも言われていますが、末梢なところで居丈高になるのでしょう。
昔、油と泥だらけの保線の職員が仕事を終わって入浴したら「だらけている。職場で風呂」とバッシングしたのがマスコミ。今ならハードな同様の民間の職場から、「うちの職場でもあるよ。労働衛生だよ」とブログで批判して報道にチェック機能が働いたかも。


Re:「ヒゲの傲慢記者」の社名が判明~さっそく当該社へ電話突撃~(05/11)

>恥ずかしながら私の地方では明日発売とのこと

田舎の猿は恥を知らないな(プッ

削除されました

↓こちらへのトラバ「すちゃらかな日常 松岡美樹」の日記で

>「私はいままでJR西日本関連には、ひとこともふれていない。右へならえで他人と同じことをするのが嫌いだからだ。

 あの事件が発生した時点で、その後なにが起こるかはだいたい想像できた。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑に対する私のコメント

「今回の件で大多数の人は貴方と同じように考え、貴方と同じように黙って見守っていたのではないでしょうか?
表だってどちらかの批判をしていた人の方が少数派でしょう。
『他人と同じことをするのが嫌い』な貴方が大多数の人達と同じ事をしてませんか?

貴方は自分が全て見通し冷静な判断が出来る彼等より上等な人間であると言わんばかりに聞こえますが。

マスコミを批判する人達、JRを批判する人達、少なくとも彼等は彼等なりに各々の主張をしています。
記者の個人情報を晒すことに苦言を呈したいのであれば晒される前に苦言を呈すべきではないでしょうか?

後出しジャンケンで何を言っても説得力がないのではないでしょうか?」

↑という私の書き込みが即刻削除されてしまいました。

ひげにこだわってくだらなくないか?

もっと別の
ためになる話題に注力したほうがいいんじゃないのでは。
この行き過ぎた報道や視聴率重視の情報操作が見られる記事や番組構成とかさ・・・

ひげにこだわってくだらなくないか?

もっと別の
ためになる話題に注力したほうがいいんじゃないのでは。
この行き過ぎた報道や視聴率重視の情報操作が見られる記事や番組構成とかさ・・・

ひげにこだわってくだらなくないか?

もっと別の
ためになる話題に注力したほうがいいんじゃないのでは。
この行き過ぎた報道や視聴率重視の情報操作が見られる記事や番組構成とかさ・・・

髭の有無は?

髭は剃ってないのかどうかは聞いてないのですか?

自分も同じなのでは

いい仕事してるけど、批判してる記者を批判してるんだから、結局同じじゃないの?

さすがです

今までやりたい放題してきたマスコミを
市民が監視することが必要。
今回の件でもそうですが、マスコミがマスコミを批判することは稀ですから。
この批判と権力をもつ記者がつるし上げをしてることとは全然意味が違うと思います。
浅田農産も担当していたとは、やっぱり・・・
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。