スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば ハイセイコー~寺山修司と名馬の在る符合~ (2)

寺山修司の競馬エッセイを再び読みたくなって、引越しで開けていなかった段ボールの箱を
物色した。
6個ある箱の1個目で見事発見。

やっぱりいいなぁ。

巻頭に「さらば  ハイセイコー」と言う詩があった。


さらば ハイセイコー




ふりむくと
一人の少年工が立っている
彼はハイセイコーが勝つたび
うれしくて
カレーライスを三杯も食べた


ふりむくと
一人の失業者が立っている
彼はハイセイコーの馬券の配当で
病気の妻に
手鏡を買ってやった


ふりむくと
一人の足の悪い車椅子の少女がいる
彼女はテレビのハイセイコーを見て
走ることの美しさを知った


ふりむくと
一人の酒場の女が立っている
彼女は五月二十七日のダービーの夜に
男に捨てられた


ふりむくと
一人の親不孝な運転手が立っている
彼はハイセイコーの配当で
おふくろをハワイへ
連れていってやると言いながら
とうとう約束を果たすことができなかった


ふりむくと
一人の人妻が立っている
彼女は夫にかくれて
ハイセイコーの馬券を買ったことが
立った一度の不貞なのだった


ふりむくと
一人のピアニストが立っている
彼はハイセイコーの生まれた三月六日に
自動車事故にあって
目がみえなくなった


ふりむくと
一人の出前持ちが立っている
彼は生まれて始めてもらった月給で
ハイセイコーの写真を撮るために
カメラを買った


ふりむくと
大都会の師走の風の中に
まだ一度も新聞に名前の出たことのない
百万人のファンが立っている
人生の大レースに
自分の出番を待っている彼らの
一番うしろから
せめて手を振って
別れのあいさつを送ってやろう
ハイセイコーよ
おまえのいなくなった広い師走の競馬場に
希望だけが取り残されて
風に吹かれているのだ



ふりむくと
一人の馬手が立っている
彼は馬小屋のワラを片付けながら
昔 世話したハイセイコーのことを
思い出している


ふりむくと
一人の非行少年が立っている
彼は少年院の檻の中で
ハイセイコーの強かった日のことを
みんなに話してやっている


ふりむくと
一人の四回戦ボーイが立っている
彼は一番強い馬は
ハイセイコーだと信じ
サンドバックにその写真を貼って
たたきつづけた


ふりむくと
一人のミス・トルコが立っている
彼女はハイセイコーの馬券の配当金で
新しいハンドバックを買って
ハイセイコーとネームを入れた


ふりむくと
一人の老人が立っている
彼はハイセイコーの馬券を買ってはずれ
やけ酒を飲んで
終電車の中で眠ってしまった


ふりむくと
一人の受験生が立っている
彼はハイセイコーから
挫折のない人生はないと
教えられた


ふりむくと
一人の騎手が立っている
かつてハイセイコーとともにレースに出走し
敗れて暗い日曜日の夜を
家族と口もきかずに過ごした


ふりむくと
一人の新聞売り子が立っている
彼の机のひき出しには
ハイセイコーのはずれ馬券が
今も入っている



もう誰も振り向く者はないだろう
うしろには暗い馬小屋があるだけで
そこにハイセイコーは
もういないのだから



ふりむくな
ふりむくな
後ろには夢がない
ハイセイコーがいなくなっても
全てのレースが終わるわけじゃない
人生という名の競馬場には
次のレースをまちかまえている百万頭の
名もないハイセイコーの群れが
朝焼けの中で
追い切りをしている地響きが聞こえてくる



思い切ることにしよう
ハイセイコーは
ただ数枚の馬券にすぎなかった
ハイセイコーは
ただひとレースの思い出にすぎなかった
ハイセイコーは
ただ三年間の連続ドラマにすぎなかった
ハイセイコーはむなしかったある日々の
代償にすぎなかったのだと



だが忘れようとしても
眼を閉じると
あの日のレースが見えてくる
耳をふさぐと
あの日の喝采の音が
聞こえてくるのだ





この場末というか歌舞伎町というか、そんな情景の中での人間模様がいい。
安っぽい歌謡曲のようでもあるが、読めばやはりこころに響くエレジーがいい。
‘ふりむくな、ふりむくな、後ろには夢がない’と言ってもふりむいてしまう寺山がいい。

‘人生という名の競馬場には、次のレースをまちかまえている
百万頭の名もないハイセイコーの群れが’
これを読んだ人々が、自分の‘未勝利の人生’を諦めずに、ささやかな勇気を持てるのがいい。

ハイセイコーを愛した寺山修司がこの世を去った時に、ハイセイコーも
「さらば寺山」と思っただろうか。(←思うわけねぇーだろ

寺山修司が逝った、まさに17年後の2000年5月4日、ハイセイコーが大往生する。
そう、寺山と同じ命日をまるで知っているかのようにだ。
或いは、あの世で孤独な寺山が一流の演出で手招きをしたのかも知れない。
この偶然に、この因縁に、この符合にドラマツルギーを感じてしまう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:さらば ハイセイコー~寺山修司と名馬の在る符合~(05/05)

いいですね、やっぱりいいですね。

ふりむくな、ふりむくなの下りで
やはり読んだことがあるのを思い出しました。

鈍い色で、たくさんの大衆が見えるようです。
小さくて儚い、夢を握りしめている、その群衆の中に、
やはり何かを握りしめて立っている「自分自身」を感じることもできますね。

夢を感じます。

しかし、命日の件。驚きを通り越しました。

Re[1]:さらば ハイセイコー~寺山修司と名馬の在る符合~(05/05)

ゆはゆはゆはさん
>いいですね、やっぱりいいですね。
ねぇ、いいよね。
でも、こういうのっていいと思える人と全く思えない人がいる。
別にどっちが優れているとかの問題じゃなくね。

>しかし、命日の件。驚きを通り越しました。
いやぁ、私もこうやってブログでも書いてなきゃ気付かないまま死んでいたでしょう。
それが5月4日だったりして・・・(笑)

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。