スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミ人の傲慢~あの記者だってオーバーラン~ (6)

今回の尼崎の列車事故が起こった日、最初の記者会見での席上だ。
事故発生後、約2時間たった1回目の会見だったと思う。
社長が原因等は不明で、分かっている事実は脱線したことです、と発言したところで、
某記者が「人が死んでんねんでぇ~!」と罵声を浴びせた。

また、別のシーンでも記者が詰め寄っていた。
「あんたさっき、ここにくる時、ポケットに手を入れてたでしょ、本当に謝罪の気持ちがあるのか」
幹部は言葉に詰まってしまった。
そこへ記者が「あなた方には説明責任があるんですよ。」

生憎と、どちらの記者も腕章も見えず、どこの社の人間かは確認できなかった。
今回の事故を起こしたJR西日本には4月26日の日記で触れたような、体質的な問題が
あると思う。
記者会見での発表が後日訂正されるのも問題だし、原因究明が未熟な段階で‘置石’を犯人に
仕立て上げるような発言も極めて問題だ。

但し、先に書いた二人の記者の勘違い振り、傲慢さはまた別の次元で問題だ。

私は直接見聞きしていないが、1回目の記者会見で「経営責任をとれ」みたいな発言も
あったらしい。

今回の被害者や遺族が、聞くに堪えない口汚い言葉で関係者を罵ったとしたとしても、それは
それで、‘真実の声’として耳を傾けることはできる。

しかし、あの記者達が被害者の代表のような風情で声高に叫んでも、
‘質の低い正義感に悪酔いしたヨッパライ’ にしか見えない。


妹を失った弁護士の小寺一矢さんは「ここでは警察も消防もJRの人も一生懸命だ。とても責めることはできない。遺体が見つかって救われた」とした後に、「今回の事故は社会の緩みが引き起こした。それを作ったのはあなた方マスコミであり、私達自身です。誰を責めても仕方ない。」

後半のマスコミに関するコメントは極一部のマスコミ以外は、‘故意’か‘過失’か
省略したらしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に…

はじめまして。
同じ、カテゴリーに投稿されていらっしゃったので、おじゃまさせていただきました。

私の日記でも、出所を知らずに小寺一矢さんの発言を引用させていただいたのですが
こちらの日記でその言葉の重みをまた改めて実感しました。

本当に。
それぞれが、一社会人として常識や礼節、誠意といった
極当たり前の態度や行動を心がけなければいけないですね。

Re:マスコミ人の傲慢~あの記者だってオーバーラン~(04/28)

一分一秒の正確さを維持する為に、尊い人の命が奪われた事が無念です。この世の中に人の命より勝るものなど存在しないのに、経済至上主義が今回の事故を引き起こし、資本主義社会のブラックホールにはまってしまった。今後このような無残な事故は起きない事を心から願います。

Re:本当に…(04/28)

toko_soleilさん
>私の日記でも、出所を知らずに小寺一矢さんの発言を引用させていただいたのですが
>こちらの日記でその言葉の重みをまた改めて実感しました。

小寺一矢で検索すると関わった裁判とか交友関係とかも見えますが、まあああいう発言のできるひとなんですよね。

でも、「JRに殺された、死んだ人間を返せ!」と激昂している人も、こりゃまた真実である訳で・・・

Re[1]:マスコミ人の傲慢~あの記者だってオーバーラン~(04/28)

kukuri6844さん
いつも綺麗な写真が売りの、あなたのサイトもこういう出来事は扱えませんね。
まあ扱いたくもないでしょうし・・・

Re:マスコミ人の傲慢~あの記者だってオーバーラン~(04/28)

同感です。
ちょっとマスコミはやりすぎの感があります。
今必要なのは被害にあわれた方の今後の補償ではないのでしょうか?
事故にあわれた方、その家族、マンションの住民。
炎上してもおかしくない事故でしたのに
幸いマンション炎上、マンションの住民まで死亡となってしまったら
本当に悲惨としかいえないと思います。
TBさせていただきました。
もし不都合なことがあればお知らせください。

Re[1]:マスコミ人の傲慢~あの記者だってオーバーラン~(04/28)

みけにゃんごろさん
>ちょっとマスコミはやりすぎの感があります。
中でも、あの記者は最悪です。
ダイヤ重視のJRとトクダネ狙いの為にはなんでもするマスコミ、実は体質は同じでしょうね。
>TBさせていただきました。
>もし不都合なことがあればお知らせください。
不都合どころか喜んで・・・
プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。