スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本はツーショットでカウンター (2)

ナリポンがまだ元気で、飲みに行っていた頃の基本。
相手が異性なら勿論、同性であってもツーショットが基本。

つまり二人で話して堪えられる人間であることが大事。
所謂『さしで話ができる』相手を選ぶ。
まあ、私は話題に困るタイプではないがそれでも間が持たない相手もいる。
逆に、気の合う人間とは深夜、明け方まで話しこんでも楽しいし、時間の長さを感じない。

複数での会話は、時に流れで変な方向に進む事がある。
誰かが、ああ言ったからと言って、本当はそうは思ってないのに「そうだよねぇ」とか言ってしまったり、参加したくない話題にはほうかむりしたり・・・

その点、『さしの会話』はある意味容赦ない。
その容赦の無さが、逆に真実に近づくような気がする。
長く付き合える奴かどうかが判り易い。

そのツーショットに相応しい場所は、カウンター席というのがナリポンの持論だ。
お互いが向かい合うテーブル席だと、文字通り対峙し合って『さしの会話』が敵対的になる可能性がある。
それがカウンター席だと、on the same sideと言うか、いつでも肩を組めるような、何か仲間意識が
生じる。

あと、フレンチやイタ飯の場合だと、テーブルが結構大きくて、かつ店の喧騒のせいで、
お互いに話している内容が聞きづらく、更に大声で話さなくてはならない時がある。

「な~に?聞こえない」
「だから・・・」
「えっ?」
「だ・か・ら・・・」
「えっ??」
「もう、いいよ」

なんて、話の本質とは違うところで変な雰囲気になってしまうこともある。
お互い、よく知っている間柄ならまだしも、つきあいが浅い段階でこの陥穽に落ちると修復に結構な
努力が要る。
その点、カウンター席だと相手の耳元で話せるので、この心配はない。

さらにカウンター席のメリットはある。
テーブル席で店の人間を用事もなく留めておく事はできない。
不必要に留めておく事は、即ち彼(女)等の仕事の邪魔をしていることになる。
が、カウンター席は別だ。
カウンターの中で仕事をしている人間は、そここそがまさに仕事場であり定位置。
出された料理に関して話をするのも極自然だ。

「この活烏賊はどこですか?下北?」
「えぇ、そうです」
「やっぱり、これって輸送技術の進歩の賜物ですよね」
「お客さん、よくご存知ですね」

なんてね。

バーカウンターだと、中のバーテンダーと酒以外の話に及んだりする。

こういう風に、カウンターの中の人間を巻き込む事によって、面白い‘三角関係’を
形成することができる。
しかも、その関係のオン・オフは自在にできる。

最後にもうひとつ、これはナリポン固有の問題だが・・・
プロフに使わせてもらっている、ばんばひろふみ氏には申し訳ないが、ナリポンの顔は彼の顔に
酷似しているというか、あれをさらに少し悪くした感じだ。

女性のみなさん、
そんな顔が、対面するテーブル席で、貴女の真正面にあったらどうします?

見ない方がいいし、見せない方が良いに決まってますよね(笑)
だから、カウンター席。
でも、横顔に問題が無いかと言えば勿論あるんですけどね(爆笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:基本はツーショットでカウンター(04/13)

え、いいじゃないっすかぁ~!ばんばひろふみ!渋いっすよ、渋い。うんうん。←って、ここに反応するコメントが一番手でいいんでせうか?

>その点、『さしの会話』はある意味容赦ない。

さしの良さ、分かります、分かります。(因みに私の場合は交友関係が圧倒的に女性ばかりなんですが、それでもやっぱりツーショットがいいですねー)
たまに3人とか4人とかで飲みに行っても、酔いが回ってくると、結局は誰かとさしで会話してることが多いです。
逆に、間が持たない人とのツーショットは、もうこれは... 私、こう見えても(←見えてない、見えてない。黙ってリャわかんないどー)、すごく気を使うほうで、相手が男性ならまだいいんですが、女性の場合、なんかホスト役を演じようと無理して、話題を捻出しようと脳みそ汗かいて、顔は変な笑顔作ってひんまがり、もう、一週間くらい疲れが抜けなくていけません。本当

で、カウンターですが、私ね、たまに変にえー格好しいになっちまうことがあって、バーテンさんの耳を気にして、言いたいことが言えなくなっちゃうことがあります... ナリポンさんはきっとバーテンさんが聞いていて、面白くて、つい会話に入ってみたくなるような話題が豊富とみましたが、私の場合は、放っておくとマイナー人間の遠吠え(というより開き直り)が入ったりしますんで、周りの皆さんが「何、あの女、偉そうに」とか、「気が強そうな野郎だ」とか思うんじゃなかとか思って、いい子ちゃんぶっちゃったりしてさぁ...そしてそういう自分が嫌いになったりしてねぇ... ったく、だらしないっすね

Re[1]:基本はツーショットでカウンター(04/13)

たる坊さん
>←って、ここに反応するコメントが一番手でいいんでせうか?
だめ!
無理なフォローがミエミエ。
でも、若い頃は顔のハンディは大きかったけど、一定の年齢になると女性も見方がもっと鋭くなって中身を見てくれるようになりましてけどね。(←で、中身はそんなにいいんかい?...(^^;;だはっ

>バーテンさんの耳を気にして、言いたいことが言えなくなっちゃうことがあります..
そうか、そういうデメリットありですか。.

>ナリポンさんはきっとバーテンさんが聞いていて、面白くて、つい会話に入ってみたくなるような話題が豊富とみましたが、

わかります~、超能力~(蒲田行進曲のヤス風)
バーテンの技量もあると、そりゃもう1+1が3にも4にもなって最高ですよ。

プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。