スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力外通告前に松井秀喜が出村氏のインタヴューを受けていた~週刊ポストより~ (2)

世はまさにロンドン五輪一色、私を含め松井ファンもそちらに目を奪われているだろうが、
ひっそりと週刊ポストに松井に関する記事が掲載されているので一応紹介しておきますね。

松井秀喜 スーパースターの認識と凄いことやった認識はない

極度の不振を続けたレイズ・松井秀喜(38)は7月25日、戦力外通告を受けた。レイズでは故障者が復帰するにつれて外野の守備機会が多かった松井の出番は減少し、マドン監督からは出場機会を確保する目的で、一塁の守備練習を命じられたこともあった。後半戦が始まった7月13日、ジャーナリストの出村義和氏が松井にインタビュー、引き際についてどう考えているのか聞いていた。

 * * *
――ヤンキース時代の最後の年(2009年)、膝を故障して出場機会を与えられなかったあなたに、「現役引退を決意する時の基準」を聞きました。その時の答えは、「膝の具合がよくなって守れるようになり、それでも成績が残せなかったら考える」だった(週刊ポスト2009年11月20日号掲載)。それは今も変わっていない?

「ここ1、2年の打撃成績は確かに多少落ちているけど、膝の状態は当時より全然いい。何よりも守れる。プレーができるうちはプレーしたい。それだけです」

 そういって、松井らしい仕草――“うん、うん”と繰り返しながら頷く――を見せる。

 しかし、次に「松井秀喜というスーパースターがそこまでして現役に拘るとは思わなかったが……」と尋ねると、「ちょっと待ってください」と質問を遮った。どんなインタビューでも質問を最後まで聞き、少し考えてから言葉を選んで答える松井が、質問を途中で遮るのは極めて珍しい。

「ちょっと待って。僕はスーパースターじゃないですから。それに、そこまでして……って、どういう意味ですか?」

 思わぬ“逆質問”だったが、声色はいたって変わらない。苛ついた表情でもない。むしろニヤリと悪戯っぽい笑みを浮かべるあたりに“松井らしさ”が感じられる。そこで次の質問をぶつけてみた。

「あなたが師と仰ぐ長嶋(茂雄)さんや王(貞治)さんは、余力を残して引退しましたよね」

 誰もが認める「ミスタープロ野球」である長嶋の現役最終年は、打率. 244と振るわなかったものの、15本塁打を放ち、ほぼ全試合の128試合に出場した。「世界のホームランキング」の王は、129試合に出場し、30本塁打・84打点の成績を残した。

 ファンは「まだまだプレーできる」と思いながらも、引退の決断を受け入れた。

 あくまで例えば――の話であるが、長嶋が負担の少ない一塁転向を監督から打診されたり、王が左投手の時にスタメンから外れたりしていたならば、2人はその場で自らユニフォームを脱いでいただろう。コンバートやスタメン落ち、代打生活という道は受け入れまい。そして、「スーパースター」に夢や希望を託したファンも、2人にそうした晩年を許さなかったのではないか――。

「何でもやる」「プレーできるうちはプレーしたい」という松井は、ONの引き際についてどう考えるのか。松井は即答した。

「比べないでください。ONのカテゴリーに僕を入れないでくださいよ。僕はスーパースターじゃないし、エリートでもない。そんなことは一度だって思ったことはないんですから。

 ヤンキース時代に、トーリ監督(当時)から“キミはブルーカラーの選手だ”といわれたことがある。自分でもそう思っているし、何よりもそういってもらえたことを自分の誇りにしているんですよ。現役に拘るといっても、これまでずっとそう思ってプレーしてきたし、今年もそう。それだけなんですから、大袈裟にいわないでください」

――日米で10年間ずつプレーした選手はあなたしかいない。それも日本で数々のタイトルを獲得し、メジャーではワールドシリーズのMVPになった。多くのファンがスーパースターとして見ているのは確かです。

「そんなこといって、僕を勘違いさせないでくださいよ。もしかして、勘違いさせたいんですか? 僕のこと。ハッハッハ。

 周りが日米で20年間やってきたことをどう見ているのかわかりませんが、自分自身では凄いことをやってきたという認識はないです。野球が好きで、チームが勝ってほしい。そのためにいいプレーをしたい。それだけです。その時その時の力量に違いはあるけれど、この20年間……いや、アマチュア時代から自分の気持ちは変わっていませんよ」

※週刊ポスト2012年8月10日号


このインタヴュー当時崖っぷち感を意識していたに違いないが、
相変わらず‘カモメはカモメ、松井は松井’って感じですね・・・(^。^)

あれ、今調べたら続きがあったので追加しておきますね。

松井秀喜「MLBは生ぬるい所ではない、力のないものは去る」

――今季は浪人生活も経験した。野球を辞めようとは思わなかった?

「それはなかったですね。待つしかない。待つだけ待とうというのが率直な心境でしたね」

――それが実を結んでユニフォームを着たが、現在の厳しい状況を見れば戦力外通告を受ける可能性もある。

「それは仕方ないでしょう、実力の世界なんだから。生ぬるい世界じゃない。力のない者は去るしかないということです。でも、今年もシーズンが終わるまでしっかりやる。先のことはその時に考える。今日1日、1試合1試合、細かくいえば1球1球しか考えません」

――では、今やるべきだと考えていることは? 打って結果を出すこと?

「いいえ。打つことより、勝つこと。勝つためには何をするかですよ。自分はその中で何ができるか。それ以外にないですね」

――それでも難しい局面に立つことは十分に考えられる。その覚悟を最後に聞かせてほしい。

「そうなった時は……、自分が野球人として普通に対処するだけです。でもね、僕は大袈裟に考えてないんですよ。まァ、シーズンはまだまだ長いですから」

※週刊ポスト2012年8月10日号




スポンサーサイト

レイズの松井秀喜に戦力外通告~織り込み済みで影響は極めて限定的だが・・・~ (12)

レイズの松井秀喜が戦力外通告をされた。
私が忌み嫌っている市場アナリスト風に言えば、
‘完全に織り込み済みで影響は極めて限定的’となるのだろう。

松井の熱狂的なファンだがこの現実は甘受するしかない。
1ヶ月前に‘松井が出ても出なくても出るのは溜息なり~気分は‘共同正犯’~‘と書いた。
ああいう悲観的なことを書くことで、解説者の直前のコメントがしばしば真逆になるように、
何か目を見張る活躍をしてくれることを期待していた。
そんなあざとさが裏目に出たのだろうか。
目を見張るどころか目を覆いたくなるようなパフォーマンスの連続。
今度こそと願って祈って夢見ても結果的に大きな溜息をつくことを繰り返していると、
名状しがたい焦燥や不安に襲われた。
過去にも何度となく松井のスランプには付き合ってきたが今回は‘格’が違った。
出場機会が限られているのにこれでもかと大チャンスが巡ってくる。
せめてここで一矢報いれば少しは汚名返上なるかと期待させて、
それも悉く失敗するから益々ネガティヴな存在としての印象を色濃くする。

例年なら私の機嫌の良し悪しで、チームの勝ち負け、松井の出来不出来を判別できる
かみさんも今年は面喰ったようだ。
上機嫌になったり不機嫌になったりするのにはある種のエネルギーが必要なわけで、
その為には相応の頻度で構わないからこれぞという‘グッド・ディ’が不可欠なのだ。
今年はそれが無かったので上機嫌になれなかった。
逆に不機嫌にもなりきれずただ神妙にしていたので‘対外的’には案外穏やかだった。

松井ファンの多くは彼の野球観である‘チームの勝利が最優先’というスタイルに
心酔している筈だ。
その観点では今回の処遇はまさにそれに則ったものだ。
それを‘幸いにも’というのは酷だが彼が残した成績の悪さには外連味がない。
もっと微妙な成績で戦力外通告の妥当性が議論の対象になるようなケースに較べたら
余りにも明快だ。
チーム事情とはいえマドンもマツイの過去の実績をリスペクトし、そのポテンシャルに賭けようと
辛抱強く起用しチャンスを与えてくれたと思う。
いや、もっと早くタオルでも投げてくれたらお互いの痛手が軽くなっていたという意見も
当然あるだろうが、松井ファンとして‘共同正犯’の意識のある身としては何も言えない。

どこからも必要とされなければ、引退するしかない。
引退は自分の基準ではない。
いかに自分がチームの力になっているかどうかで判断する。

これは松井自身の吐いた言葉で今の彼はまさにこれに該当する。

何もコミットしない常套句だけで喰っているアナリストは
‘不透明感が漂う中、神経質な展開が続くでしょう’と逃げるかもしれないが、
本当は‘上場廃止危機’が極めて現実味を帯びている。

まあ、一生のポートフォリオ銘柄にしている私はじっとホールドするだけだが、
正直これでやっと楽になれるという解放感があるのも事実で、
しばらくは静かに喪に服したい。

このブログを通じて‘一緒懸命’に応援してきた人達を裏切るようで申し訳ないが、
それが今の偽らざる気持ちだ。

どうもお疲れ様・・・(´;ω;`)



なお・林美雄を忘れない~故・原田芳雄と健在・山崎ハコ~

去年の記事で訃報がらみのネタは勘弁と書いたがそれから1週間も経たないうちに、
2012年に書くべきネタが‘内定’した。
原田芳雄が71歳で逝ったのだ。
死の直前、試写会に車椅子姿で現れた彼をテレビでみた。
あのワイルドな男の変貌ぶりに唖然とし、病魔に冒されること、
もっと大きく言えば老いることに、どこか自らの今後を投影させた。

今年の2月29日、この死んだ男のバースディ・ライヴが行われた。
4年に1回しか巡ってこない‘18歳’の誕生日に親交のあった人々が集い
実質的な追悼ライヴを開いたのだ。
その映像をチラッとみることができた。
新聞報道等によれば宇崎竜童、松田龍平、江口洋介、佐藤浩市 らが集結とあったが、
ステージの真ん中に或る女性シンガー・ソングライターの姿を発見した。
100%シュアかと訊かれると実はそれほど自信は無いが山崎ハコだったと思う。
名前を言われても知らない人が殆どだと思うが、そのマイナーさが故に、
個人的には最も林美雄的なシンガーだ。

パックインMで初めて聴いた時に‘一耳惚れ’した。
当時学生だった私は音楽といえばFMに関する週刊誌を買って自分で録音するか、
或いは友人が買ったものを借りて録音するのが常で自分でレコードを買うことは
極めて稀だったが、彼女のアルバムには金を遣った。
理由は簡単、FMでは取り上げられず、友人も持っていなかったからだ。

昼間それなりに社交的で饒舌な自分を演じていると、ひとりアパートに戻って、
意識的に孤独と沈黙に浸りたくなる時間がある。
そんな時に彼女の歌は威力抜群だったが、余りに暗過ぎるきらいもあった
友達に貸す時はこう言ったものだ。
‘気をつけよう、暗い夜道とハコの歌’

原田芳雄と山崎ハコの関係についてググってみると、それなりにヒットしたが、
年齢の差はあっても互い認め合った関係だったのが想像できるが、
中でも気に入ったのがこれだ。

山崎ハコさん
 今「翔んでる」とかなんとかいわれるでしょう。今のは「翔」なんだね。ハコさんのは「飛」。それは重さと決意があるんだね。今の「翔んでる」というのはちょっと違うんだ。自分はあれには感心ないんだね、ほとんど。ところが、ハコさんの「飛びます」というのは飛なのね。それはもっと野蛮なの、決意としては。翔というのはちょっと高級なの、自分のイメージにおいて。だから、ハコさんの「飛びます」と出会った時は、面白い題名のLPがあるなと思った。
 もちろん全然知らない人だったんだけど、一も二もなく手許に置いて聞いてみたら、なにか変な重さと、その重さにあらがう決意みたいなものね、非常にブラックな。1枚目なんか特にブラックな。基本的にわらべ歌なんだけれども、あの人、今なんかすごみがある。すごいブルースシンガーじゃないかと思う。
 ハコさんが両腕でこっちは人さし指1本で腕相撲したら勝てると思うわけよ。ところが、そのすごさ、全然かなわないもの。そういうところで、基本的にある種の女というものを感じるときがある。それは具体的に山崎ハコなんだろうけど、これはかなわない、逆立ちしても。俺がオカマになってもかなわない。

(原田芳雄エッセイ集 B級パラダイス 俺の昨日を少しだけ<ワニの選書>P146より)


山崎ハコを一切知らない人に敢えて彼女の歌をお薦めする気は特にないが、
彼女の歌に何らかの愛着を持ったことのある人はyoutube等ネット上で
検索してみるのも楽しい。
70~80年代の懐かしいオリジナル曲に加えて94年のアルバム‘十八番(おはこ)’が
なかなかだ。
近年のカヴァー・ブームを完全に先取りしていて、中でも‘圭子の夢は夜ひらく’は
彼女のデビュー当時を彷彿とさせる。
ディープなミドリブタファンなら芳雄さんの‘りんご追分’‘愛情砂漠’も聴いてみよう。
そして彼の十八番だった‘プカプカ’を山崎ハコが歌っているのを発見した時は
少しニヤリとした。
こういう人間関係が構築されたのも林美雄という存在があったからに違いないと、
勝手に‘盲信’している。

さて、来年は誰の訃報ネタになるのか、とマーフィーを挑発しておこう・・・(^。^)

林美雄を忘れない~あの夏の光と影は何処へ逝ってしまったの♪~

続・林美雄を忘れない~愛はいつも束の間、今夜遠く旅立つ♪~

続々・林美雄を忘れない~それは小林千絵ちゃんのお陰だった~

又・林美雄を忘れない~あれから5年、命日には線香一本、花一輪~

又々・林美雄を忘れない~年に一度はミドリブタの美声と懐かしさに酔う~

まだ・林美雄を忘れない~元気なミドリブタに会える映画2本「太陽を盗んだ男」「ザ・レイプ」~

まだまだ・林美雄を忘れない~‘帰り来ぬ青春’の真っ只中で遭った男~

も一つ・林美雄を忘れない~ようこそ野沢那智様、天国のパックインミュージックでは俺が1部であなたは2部~



松井秀喜に4番・ライトは鬼門~‘不死獣ゴジラ’の早期復帰、復活を祈る~ (4)

松井秀喜が太腿の張りを訴えて途中交代した。

昨日のマツイを現地マスコミはレイズにきてからの‘best day’と書いた。
ランニング・キャッチ、2安打、1塁からの激走ホームイン、
決してレヴェルの高いものではなかったが、
所謂‘走攻守’で躍動感を感じさせたのは事実だ。

う~む、宮里藍が今季V2を果たした日に、松井は今季2度目のマルチヒットか。
随分と格差がある‘best day’だなと苦笑いしながらも2人の波動シンクロ説を
唱える私は少し上機嫌だった。

マドン監督も昨日の試合はマツイにとって復調のきっかけになるかもとコメントし、
実際今日のNYY戦で松井を4番・ライトで起用した。

しか~~し、やはり4番・ライトは鬼門だった。
初回実質エラーを冒した後2回の守備で故障発生、
1度も打席に立たずに途中交代したのだ。
2005年、彼のバースディの6月12日のSTL戦、松井は4番・ライトで出場し、
守備の際スリップして転倒し足首を痛めた。
トーリとトレーナーに両側を支えられてベンチに戻る松井の姿を覚えている人も多いだろう。

あの時は、移動日を挟んで結局次の試合に先発出場、
連続出場記録をキープしただけでなく、何といきなりHRをかっとばした。

今回はそんな訳にはいかないだろう。
松井といえばDHというイメージがプリントされていたが、
マドンのお陰で今は主要サイトでもOF扱いになっている。
ここ数年DL入りすることもなく、加齢に逆行するように丈夫なゴジラになっていたが、
人工芝の影響もあって負担が増えていたのかもしれない。
あとまったくの個人的憶測だが、初回手痛いミスをした分、
より必死に打球を追おうとしてどこか無理をしたのではないだろうか。

ファンとしては‘不死獣ゴジラ’の早期復帰、復活を祈るだけだが、
選手生命を含め諸々の面で厳しい現実が待っていそうで恐怖する。

幸いにも試合はレイズが逆転勝ちをして‘戦犯・松井’を防いでくれたが、
皮肉にもマツイのいない方が強い傾向をまた証明することになった。



プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。