スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMVのアカデミー賞8部門の予想的中~ん?the 84rd Academy Awardsって~ (2)

第84回アカデミー賞の発表があった。
今年はHMVが企画する8部門の受賞者全部当てキャンペーンに応募していたので
緊張感を持ってWOWOWを観ていた。

結果見事的中。
海外のブックメーカーのオッズや予想を参考に決めたが、
ブッキー的には波乱の少ない順当なものとなった。

的中させたプレゼントはpontaという共通ポイント1万。
一応1万円相当だが使い方しだいでは約2倍の価値があるとも言える。
HMVのこの企画は正解者全員にプレゼントする方式だから、
今回は相当の‘出費’になりそうな気がする。
どの作品も全く観ていないが、かつての映研少年的にはあの‘サウンド・オブ・ミュージック’で
トラップ大佐役を務めたChristopher Plummerの初受賞が嬉しかった。
オスカーを手に持って‘2歳しか歳が離れていないのにやっと会えたね’と粋なスピーチ。

そうそうHMVのこのサイトの中に
‘Winners and Nominees for the 84rd Academy Awards?’とある。

84rdってなんだよ・・・(>_<)

81th、82th、83thとかの間違いはよく見かけるし正誤問題の定番だが、
84rdは人生初めて見た。

恐らく1年前の83rdの数字のみを書き換えた結果の間違いだろうが、
1ヶ月以上晒されても訂正されていないのは輸入盤をウリにしているショップとしては情けない。

来年の‘85rd’もできれば的中させたい・・・(^_^.)

まあ観た事もない作品の予想は的中できるのに、あれだけ知り尽くしている筈の
‘あの男’の近未来をまったく描けないのが辛い。

≪追記3月7日≫
今日無事ポイントが付与された。
記事の中でHMVの‘出費’は相当膨らみそうと書いたが
実際は的中者が12人しかいなかったとのこと。
グラミー賞では約3000の応募で56人が当てたとのことだが、
アカデミーの方が応募も多かっただろうし(不明)、確率的にも楽そうだと感じていたが、
意外な結果だった。




スポンサーサイト

lightとrightを‘ライト’で一緒くたにするフレッツ光の無分別CM~応諾したイチローを訝る~ (10)

今日のネタにするのはNTT東日本フレッツ光のCMなので西の人はテレビでは見られない。
先ずはここにいって「光デビュー応援」篇をご覧あれ。

「イチローさん、すご~い」

「プロでライトやってるんで」

「ダジャレだ、すご~い」

lightとrightを‘ライト’で一緒くたにしている。
サイトの説明では
‘イチローさんとフレッツ光ライトに隠された共通項?’としているが、
この無分別さに呆然とする。

まるで昭和中期に漫才師がやっていたお寒いノリだ。
ネットで世界の情報が容易く入手できる時代になり、
その担い手になる筈の企業のCMがこれとは・・・。
賛否両論があるとはいえ英語を社内公用語にする日本企業が現れたり、
大学の秋入学が検討されたりする時代に逆行し過ぎだろう。

それにしてもイチローがよく応諾したと訝る。
彼は良く言えば何事にも一家言ある男。
普通に言えばエキセントリックなコメントで注目を集めたがる目立ちたがり屋。
悪く言えば簡単なことを難しく表現しようとして墓穴を掘るナルシスト。

台本を見せられて
‘メジャーに10年以上いるボクにこのダジャレは無理があるでしょう。
みなさん、日本人の主食はriceとlice(シラミ)って言って笑えますか?’
ぐらいのことを言ってやれば良かったと思うのだが・・・。

それともCM中に意味も無く‘イチローさん、すご~い’を連呼させて、
視聴者の脳への刷り込み作業を行うことで両者の利害が一致したとかあるのだろうか。
だとしたらこれぞまさに‘電通支配’だ。
因みに製作責任者は電通100%出資会社の社長。



MLB.TVの年間契約はキャンセルしないと自動更新されるぞ~特に松井秀喜ファンは要注意~ (4)

MLB.TVに関してはこのブログでも再三取り上げてきた。
2009年シーズンの途中でいわゆるblackout規制の対象外になってからは、
じわじわと日本からの加入者も増えている感じだ。
このブログの何人かの読者の中からも‘加入しました’報告があった。

さてそのMLB.TVだが2011年シーズンに年間契約をした人は、
注意すべきことがひとつある。

年間契約が2012年シーズンも‘自動更新’されるシステムになっていることだ。
私の記憶に間違いがなければ、それ以前は加入時点で自動更新を拒否することが
選択可能だったが、昨シーズンから‘改悪’された。

MLBファンならどうせ契約するんだから自動更新されても無問題とも言えるが、
松井秀喜ファンにとっての今季はそう単純ではない。
松井秀喜がどこでどうプレイできるか全く見えないからだ。

MLBファンを気取りながら、その実そのエネルギーの源を松井秀喜に激しく依存している
私の場合、MLB.TVが‘無用の長物’になる可能性は否定できない。

そこで自動更新をキャンセルしてみた。
やり方は簡単だ。
MLB.com にログインしaccount profileの中にある"Audio/Video Subscriptions"を選ぶ。
現在契約中であることが表示されるが、下の方にあるキャンセルボタンをクリックすると
次のページに進む。
‘Cancel Reason’を選ぶ。
まあ実質的には以下の2択だが、別に何にしようが構わない。
・Only wanted to watch last season
・Will buy later in the season

同意するにチェックを入れて青いボタンのCancelをクリックすれば完了。
その場の画面上で
2012 MLB.TV Premium Yearly Automatic Renewal Cancellation Confirmation
確認できるほか、
Subscription Notificationという件名のメールが自動配信で届く。

キャンセル後も2月28日まではアーカイヴを観る事は可能だし、
自動更新するのとキャンセル&再加入で料金的な違いはない筈だ。

私はキャンセルの理由を1番目にしたが、これによってマーフィーの法則が発動し、
土壇場での松井秀喜の電撃的な契約が実現することを願っている。
但し敵もさるもので‘洗車をして雨を降らすことはできない’と警告しているから、
効果は限定的だろうが、まあ気は心ってことで・・・(^_^.)

≪追加情報≫
記事の中では料金的に違いはない筈だと書いたが実際は違った。
プレミアムは今年$5値上げされて$124.99になったが、
自動更新だと去年と同じ$119.99だそうだ。
(2月19日)




プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。