スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コテコテのレッドソックスファンの金髪美人新妻と飲んだ~マツイはブーイングに値するグレイトな選手よ~ (2)

当地に住むイギリス人が主宰する女性限定の会がある。
英語を話す外国人か海外在住経験のある日本人で構成されている。
コントラクトブリッジのサークルを通じてこの女性と知り合ったうちのかみさんもメンバーになった。
月例でそれなりにテーマがあって開催されているが、年に2,3回男性同伴可の時がある。
体力的に無理が無い時は私も必ず参加している。
先日はレストラン・バーをほぼ貸し切っての単なる飲み会があった。
いつもより外人率が高かったがその中に大学で言語学を教えているメンバーの娘さんの姿があった。
ほぼ1ヶ月の予定で来日しているとのこと。

う~ん、きゃわいいいし、若いし、金髪だし・・・(^。^)

20歳アラウンドに見えたが(既に他の日本人からお酒を飲んでいい年齢か質問されていた)、
実は30歳で最近結婚したばかりの新妻だった。

まあそれだけで十分に興奮材料だったが、ボストン在住と分かり、MLBの話題を振ったら、
もうコテコテのレッドソックスファンであることが判明。
それからはこれぞ口角泡を飛ばすと言った感じで誰もなりぽんを止められなくなった。
こっちもMLBネタならほとんど問題なく英語が出てくるし、
彼女も薄っぺらなファンではなくBOSについて良く知っているから話が弾む。
やはり2004年のALCSが一番盛り上がった。
私は自分がHideki Matsui のhuge fanであることを告げたが、
勿論2009年のWSMVPになったことは知っていた。
ヤンキースを去った後もフェンウェイに登場するとブーイングされることについて触れ、
昔はうざいと思ったが今年の6月の絶不調状態でも律義にBooされた時は逆に感謝したい
気分になったと言った。
すると彼女が一言

マツイはブーイングに値するグレイトな選手よ・・・(^。^)

流石にBOS戦で1試合7打点とか、ベケット相手に1試合2HRとかは覚えてなかったが、
やはり敵方には嫌なところで仕事をする奴というイメージを強く焼き付けていることは間違いない。
普段から松井に関する現地での情報には敏感な生活をしているが、映像でもなく活字でもなく、
こうして市井の人の生声を耳にしたのは初めてで妙に新鮮で感動した。

おまけに金髪美人新妻のお墨付きだし・・・(^。^)

歴史とか教育環境とか住民の職業とかから想像するボストンの都市としての印象と
BOSOXファンの野卑な評判が一致しないのは何故かという質問にはやや窮していたが、
アメリカ人お得意の‘スペシャルなもの’と説明された。
実際、彼女のグランパは亡くなる2年前にグリーンモンスターの上の席で観戦できたことを
最期まで至福の時だったと語っていたそうだ。
考えてみるとバンビーノの呪いの間に生まれて亡くなった人も大勢いる訳で、
2004年が如何に貴重で感動的だったかがわかる。

8回の‘Sweet Caroline’の大合唱を忌々しいと思いながらも‘Oh! Oh! Oh!’では
思わず反応してしまうと告白したらかなりウケタ。
6月のA’sとのシリーズの中で地元ボストンのブルーインズがNHLファイナルに進出したため、
ディ・ゲームに変更した試合があったけど、9回にパペルボンが打たれて延長14回になる大誤算。
この話題には極東の地方都市に住む男がそこまで知っていることに驚嘆していたが、
なんと彼女の旦那さんはNHLのプロのアイスホッケー選手だと聞き今度はこっちがビックリ。
携帯の写真を見せようとすると、突如女性陣が参入し奪い合うように見ては奇声をあげた。

きゃぁあああトム・クルーズにそっくり・・・(^。^)

やっと私の番になったが、どこがトム・クルーズ?
ジョニー・デーモンをシャープにした感じに見えたが、
実際デーモン似と言われることは結構あるとのこと。
鬚を生やしたことはないと言っていたが、もしかしたらBOS時代のデーモンに魅了されて、
彼を結婚相手に選んだのかも・・・(^。^)

他にもここではとても書ききれないほど多くのことを話した。
病気をしてから10年以上蟄居を続け最近では外飲みの機会も年に数回しかない私にとっては、
まさに‘めくるめく一夜’になった。

A’sの松井秀喜が今季再び東海岸にやってくることはない。
ヤンキースタジアムでのオベーションとフェンウエィのブーイング、
今回は満足な活躍ができずに‘めくるめくトリップ’とはならなかったが、
かつて築き上げたレガシーの片鱗は感じさせた。

今後、どういうかたちで松井がこれらのボールパークに出現するかは、
誰にもわからない。

そして当地にコテコテのヤンキースファン(髪の色、容色、年齢、性別不問、若い美人尚可)が
現れることを夢見ている。


スポンサーサイト

元ヤンキースのバットボーイの暴露本~松井秀喜の信じられない言葉(英語)が明らかに~

元ヤンキースのバットボーイLuis Castilloの暴露本についてNew York Postが特集した。
‘Batboy tell-all: Secrets of the Yankees’という見出しで電子版で5ページに及ぶ。
このバットボーイは1998年から2005年までヤンキースのクラブハウスで働いていたが、
当時は機密保持契約を結んでいなかった。
ジーターやA-Rodと言った大物に混じって、松井秀喜についても触れている。

Matsui: Rally ho!

It was before Game 7 of the 2004 American League Championship Series, a game that we would lose. The series was tied 3-3 at that point, and it was particularly disheartening since we had won the first three games. Unknown to us, Boston's comeback was not to be stopped.
At any rate, at the end of the meeting it was traditional for Joe Torre to ask Jorge Posada what we were going to do. He would reply, "Grind it!" This time -- I guess to make Hideki Matsui feel more part of the team -- Torre turned to him at the end of the meeting.
"What are we going to do?"
Hideki paused for just a second before replying.
"Kick ass. Pop champagne. And get some ho's."

場面は例の2004年のALCSの第7戦の試合前のミーテイングだ。
ファンなら忘れもしない3連勝してリーチしながら3連敗してしまった決戦の日。
いつもポサーダの‘Grind it!’という掛け声で〆るところを、その日はトーリがマツイに振ったのだ。
松井が一呼吸おいて発した言葉が
"Kick ass. Pop champagne. And get some ho's."

なに、この超ネイティヴの英語は・・・(>_<)

暴露本にありがちな有ること無いことクオリティの可能性も否定できないが、
渡米して2シーズン目の松井がこんなスラングを使い切るとは俄かに信じがたい。
トーリもお決まりの‘Grind it!’を単に一体感を増す目的でマツイに言わせたかっただけで、
実際は驚いたのでは?
ジーターあたりは‘Well done! Mat’と誉めていそうだが・・・(^。^)

それなりに仕事や私生活でも英語には関わってきた私だが、何せ根が生真面目(笑)だから、
こんなことは言えないし、きちんと訳すこともできない。
間違っているかもしれないけど・・・。
Kick ass.の意味は‘やっつけるぞ’か‘よっしゃ~!’
Pop champagne.は文字通り‘シャンパンを開けるぞ’
And get some ho's.のhoはwhore=売春婦だから、そういうこと。

日本にやってきた助っ人外人が
‘いてこましたれ、そして酒池肉林や!’と叫んでいるようなものだ。

普段のマツイのキャラのイメージと違うと感じているのはむこうのファンも同じで、
結構受けているようだ。

ところでワールドシリーズを制した2009年は既婚者だがhoはどうしたのかね・・・(>_<)



TBSサンデーモーニングと張本勲の魂胆~イチローが‘ダメジャー’に堕したらMLBを一切取り上げなくなった~ (6)

TBSサンデーモーニングの中でのスポーツコーナー、特に張本勲についてはこのブログで
何度も記事にしたことがある。
私は首尾一貫して批判的な姿勢を鮮明にしている。
最初はMLBや松井秀喜に関するものだったが、去年は江川紹子降板騒動を追求。
《関連記事》として一覧のリンクを下の方に貼っておいた。
長ったらしいタイトルを読み直しても、この番組の張本という人間を激しく嫌悪している
自分の感情が剥き出しになっているのがわかる。
共感してくれる人が時々古い記事にコメントを寄せてくれたりすることがあるから、
程度の差はあれ私が特異な感覚の持ち主という訳ではなさそうだ。

寅さんの四角い顔では癒されるが、あのエラの張った顔を毎週見て悪戯にストレスを
溜めるのはこの病んだ心臓に好ましくない。
かといって、この男がさらなる暴言、放言、不規則発言をするのを‘監視’しないわけにもいかない。
幸い、うちのかみさんは基本的に必ず見るので、私は一応録画をした上で、
再生してみる価値があるかどうかは彼女に訊くことにしている。

メジャーネタあった?
張本がなんかやらかした?

どうやら数ヶ月前からMLBネタは一切やっていないらしい。
かつては毎週必ずやっていて日本人選手を‘エエジャー’‘ダメジャー’に仕分けていた。
張本の口癖は‘イチロー以外はダメジャー’で、他の選手が何か良いことをしても‘偶然だぞ’扱い。
MCの関口も‘さすがイチロー’一辺倒で、松井や松坂が不調だとどこか嬉しそうに
張本相手に煽るような質問をしていた。

実際にMLBも観てない不見識なやつらがNPB脳で何を語っているんだか・・・(`´)

私もブログや苦言のメールだけでは我慢ならず、直接担当ディレクターに電凸したりした。
・MLBを一切取り上げないか ・MLBに関しては張本のコメントを禁止させろ

奇しくも今になって私の要求が叶った形になったが、
勿論その背景にはやつらの魂胆があると考えるのが自然だ。

イチローが‘ダメジャー’になったらMLBネタなんて不要なのだ。
MLBネタはイチローの‘商品価値’を高めるため、他の選手も所詮イチローという‘主役’を
助ける脇役でなければ邪魔な存在という構図なのだ。
寧ろ何か活躍して目立ったことをされたら困る。
相対的にイチローのヴァリューが減じるからだ。

松井が500号ホームランを達成した時もスルーしたというから本気だ。
かみさんもその時のゲスト・コメンテーターが王貞治だったので、
てっきり‘500号’のために呼ばれたと思ったそうだ。
翌週の松井の週間MVPも当然スルー、オールスター後のスタッツでは
メジャー屈指の強打者になっているがまったく話題にしない。

理由は簡単でスポンサーへの配慮だ。
テレビ局の広告収入が激減している昨今の環境ならなおさらだろう。
イチローに毎週‘喝!’がきて‘ダメジャー’扱いされた直後に、
イチローが出演のCMが流れたら著しく訴求性が損なわれる。
逆に去年までは年間200本安打の連続記録という‘素材’でイチローを神格化できた。
‘イチローは凄い’‘イチローだけエエジャー’と刷り込んだ上でCMを流したら、
野球音痴は簡単に騙せる。
実はチームは101敗を喫し、万年最下位に喘ぐ中、個人記録に腐心して達成された
価値の低い‘素材’であることなんか知っちゃいないのだ。
今季は一転してその安打記録も危うい打率2割台の‘ダメジャー’に堕した。
マリナーズも球団ワーストの17連敗を記録、総年俸の2割強の18百万ドルを
せしめるイチローは不良債権そのもの。
しかしこんなイチローの現実には‘触らぬ神に祟りなし’のスタンスで臨む。
消極的な隠蔽工作とも言えなくないが、これがTBSの魂胆だ。

張本個人にとっても魂胆はある。
イチローの通算安打記録も‘参考記録’だと難癖をつけていたのに‘張本越え’を
現地に招待されてからはこちらが赤面してしまうほどのツンデレ。
その後はイチロー礼賛に終始し対照的に松井を生贄にした。
今シーズン前の予想も‘イチローだけでしょう’の持論を披露していた。
それがこのザマだ。
メンツを守るためには何でもすることは江川騒動でも明らか。
6月の頭の放送で‘イチローかげり説’を軽く唱えてからはMLBネタを封印、
早期の幕引きをした。

世の中には‘電通支配’という言葉がある。
今、散々問題になっている原子力発電安全神話の刷り込みにも一役買っていたとする説がある。
どこまで信じるかは別にして、そういう分析をすると理解しやすいことが多いのも事実だ。
今日の件もまさに‘好事例’と言っていいのではないか。

ここからイチローが巻き返して200本安打の可能性が復活するのも一興だ。
こいつらがどう手のひらを返すか。
いや、それは飽くまでも良識ある市民の感覚で、厚顔無恥な業界人にとっては
日常茶飯事だからつまらないか・・・(>_<)

《関連記事》
2009年7月5日
MLB蔑視の張本がイチローにツンデレの滑稽~「サンデーモーニング」で‘みんなダメジャー’発言~

2009年7月26日
頑迷固陋な張本に喝!~松井秀喜のサヨナラ弾を評価しないことで自らMLBを語る資格が無いことを証明~

2009年12月13日
MLBの試合数を2週に渡って間違えた張本勲が御意見番の笑止千万~番組スタッフも訂正できないのがTBSクオリティ~

2010年3月28日
日本プロ野球に、日本国に何してくれました?~サンデーモーニングで松井秀喜を全否定した張本勲の品格~

2010年6月18日
サンデーモーニングで正論を吐いた江川紹子に逆切れし降板を要求した張本勲~それを受け入れたTBS体質~

これが問題の江川紹子と張本勲のサンデーモーニングでのバトル動画だ

2010年6月19日
「素人にはわからん」と江川紹子を一喝した張本勲の赤っ恥~岩隈途中降板の真実は真逆だった~

2010年6月20日
サンデーモーニングでは江川降板騒動に言及なしどころか浅井信雄はツイッター批判~電凸したTBS担当者の(屁)理屈~



プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。