スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘別居の未婚の子’の扱い次第で自動車保険料は天地の差~最安値はSBI損保~ (4)

今日は自動車保険の話だ。
1年前まではネタにする気も起きないほどのルーティーンだった。
保険請求どころかロードサーヴィスも受けたことがない人にとっては価格が最重要。
一時は三井ダイレクトの天下だったが数年前からSBI損保が台頭し素直に移行した。
そもそも20等級、運転者限定、車両保険無しだと保険料が1万6千円とかで
大きな負担という意識がない。
マメに見積もりサイトでお小遣いを稼ぐと実質1万割れなんて時代もあった。

それが今回はちょっと話が違う。
去年の春から東京で学生生活を始めた19歳の息子が免許を取ったのだ。
春休みに帰省した際に我が家の車を運転したいと言い出した。
奇しくも保険の更新日は3月1日なのでちょうど間に合う。

例年通り一括見積もりサイトに行きやってみたがどうも勝手が違う。
今までの夫婦二人限定だと高くても2万円台だったのが今回の上は7万近いのだ。
運転者の制限を家族限定にしたのはいいが年齢条件を制限無しにしたのがいけないのか。
結局よく理解できない点が多かったので、めぼしいところに直接電話で訊いてみた。

そこでわかったことが‘別居の未婚の子’の扱い方の差が保険料に反映されているという事実だ。

おなじ家族限定でも‘別居の未婚の子’が年齢条件にどう影響するか。
SBI損保の場合は無関係なので結局この(老)夫婦の設定でOKなのだ。
逆にいくら別居で運転する機会が少ないとはいえ19歳という‘危険因子’が加われば
結局全年齢を担保することになり相応の保険料の負担を必要とするところも多い。
その間をとって子供特約というのを採用しているところもあるが、
やはり保険料の大幅増は避けられない。

我が家の場合本人・配偶者限定(15,310円)を家族限定(16,920円)にするだけで済んだ。
そこは「保険料の満足度」において2年連続第1位のSBI損保の面目躍如と言っていいだろう。
一方他社だと4万~7万のゾーンになるところが多かった。
今の世の中、牛丼戦争に象徴されるような消耗戦までして競争を強いられるイメージが強い。
自動車保険業界でも当然競合他社の価格を意識した商品作りをしていると勝手に考えていたが、
まさか1.7万~7.0万といったような‘天地の差’がつこうとは思いもよらなかった。
無論保険選びは価格だけではないが、何も起きなければ文字通り掛け捨てに終わる訳で
やはり価格重視派が多いのではないか。
何れにせよ今回の我が家と同様のケースに該当する人達は‘別居の未婚の子’の扱いしだいで
大きく保険料が違う事を十分に考慮すべきだろう。

それにしても19歳の運転者が加わることでこんなに跳ね上がるとは・・・。
まったく的外れな例えだがその昔夫婦で行くと2万そこそこの寿司屋に息子を連れていったら
5万になったことを思い出した。

確率的にそれだけ保険対象になるようなことをやらかすということだろうが、
もし19歳の息子が主たる運転者として保険に入ろうとするといくらかかるか調べてみた。
なんとお安い筈のSBIで12.5万、4月1日の料金改定後では16.5万と言われてぶっ飛んだ。
何かの間違いかと他も確認したが三井ダイレクト、ソニー、アクサでも13万~17万。
アメリカンホームに至っては21歳以上にならないと保険契約の対象にならないという徹底ぶりだ。
同社の独自のデータによれば19歳男子が最も‘あぶないやつら’だそうだ。

個人的には私より下手糞なゴールド免許ドライヴァーは滅多にいないと思う。
己を知っているから心臓を患ってからは一切ハンドルを握っていない。
地方住まいには車が必須だが、大学1年で免許を取得し族仕様のスターレットの改造車を
転がしていた頼もしい‘ショーファー’がいるから安心だ。
車の運転能力(だけ)は是非とも母親のDNAを受け継いでもらいたいものだ。

なお、文中でも触れたが4月1日以降SBI損保は料金及び商品内容の改定を行う。
多くの場合今よりも値上げになるとのことなのでその点は留意されたい。






スポンサーサイト

激安電気ストーブの思わぬ利用法~非力な暖房器具が最強の焼き海苔あぶりマシーンになった~ (2)

心臓を患っている者にとっては冬場のトイレと脱衣所は危険地帯だ。
我が家ではどちらにもファンヒーターを置いているが脱衣所の方のやつが
寄る年波には勝てず最近調子が悪くなっていた。
先日別件で家電量販店に行った時についでに暖房器コーナーを覘いてみると、
在庫処分品でなんと1,480円の電気ストーブを発見した。
400Wの石英管が2本、スイッチのボタンも独立していてそれを押すだけの
超シンプルな仕様だ。

頻度からいったらこれでいいじゃん・・・(^。^)

かみさんの一言に押された私は店員を一応呼んで用途を告げ、
‘念のため’に値下げ交渉をしたが流石に叶わず額面で購入。

早速脱衣所に設置し従来通りかみさんがスイッチを入れてから10分後に
私が行ったが全然暖かくない。

つーか玄関並の厳寒の脱衣所・・・(-.-)

夕飯の時にその非力さをかみさんに証明するためにダイニングに持ち込んだ。
スイッチを入れてもまさに今や死語化した‘蛍光灯’のように反応が鈍く思わず確認したくなるが、
次第に‘赤面’していく。
ファンヒーターのように轟音を発することもなく、
松岡修造のように必要以上に全面に熱さを主張する訳でもない。
非力な分、でしゃばらない存在で心地良くさせてくれるのだ。

そんな謙虚さが気に入ってこのストーブは夕飯時の私の愛用品になった。
そしておとといのことだ。
メインは天然ブリの刺身、本わさびを鮫皮でおろすのはいつものことだが、
わさびが余ってしまった。
それを見た私が一言。

ねぇ、俺の部屋に行って例の海苔持ってきて・・・(^。^)

実はここ3,4年なりぽん御用達の高級海苔がある。
最初は贅沢だと思ったが一度味わったら戻れなくなった。
1枚の大きさは半切り。
それをストーブの火であぶってみた。
手のスナップをきかせてそれっぽくやっているとぷ~んといい香りがしてきた。
実際に食べてみるといつも以上のパリパリ感が味わえた。

ほらほら、これはいい感じだぞ・・・(^。^)

かみさんに渡すと彼女も満足気な表情をみせた。

これは使える。
1,480円の激安電気ストーブは暖房器具としては非力だが、焼き海苔をあぶるには最強だ。
素人がガスや炭火等の直火であぶるのは危険だし加減が難しそう。

グーグル様を出動させたら何かそれっぽいサイト‘海苔JAPAN’が見つかり、
そこのQ&Aにもあった。

Q.市販の焼海苔をさらに焼くと、風味が増すって本当ですか?
家庭での上手な海苔の焼き方を教えてください。


A.海苔のおいしさの秘密のひとつは、風味豊かな香りです。海苔を焼くことにより、海苔本来の香りと旨みがグッと引き出されます。市販されている海苔も、ご家庭で軽くあぶることで風味が断然増します。焼きたての海苔を使って、手巻きずしや海苔巻きをつくると、ひと味もふた味もおいしく召し上がれます。

・オーブントースターで海苔を焼く場合
20秒くらい焼くと、おいしく焼き上がります。
オーブントースターは炎を出さず電気の熱で焼き上げるため、パリッと焼き上げるには最適です。

・焼き方のポイント
海苔の裏面を内側にして2枚重ね、その両面を火にあぶって緑色になるくらい焼くのがポイントです。

そのうち電気ストーブで焼く場合が追加されるかも・・・(>_<)

思い起こせば私が初めて真っ当な蕎麦屋に行ったのは30数年前。
環七沿いにあった‘練馬田中屋’だった。
デートだったがお互いそんな蕎麦屋は初体験で妙に緊張したものだ。
今は病的と言っていいほどの本わさびフェチになったが、
本わさびをおろし金でおろすのは勿論初めてだった。
とは言え、当時既にとんかつ屋でミニすり鉢のゴマをする経験をしていたから
わさびをおろすのは大したことではなかった。
問題はそば前に頼んだ焼き海苔。
炭の入った木箱はまるで何かのからくり箱のようで焦った記憶がある。

それから10数年が過ぎ、本格的な蕎麦好きになったが、
焼き海苔を注文することはあまりなかった。
別にあの時の経験がトラウマになった訳ではなく、
コストパフォーマンス的に余り魅力を感じなかったのが本心だ。

焼き海苔よりまずは卵焼きか焼き味噌でしょ・・・(^。^)

厳密に言えばそれぞれのお店の焼き海苔にも差はあるだろうが、
他のメニューほどではないだろうと考えてしまうせいもある。

それが今はこの電気ストーブのお陰で簡単に焼き海苔を味わうことができるようになった。
まあ飽くまでもきっかけになっただけで、本当に焼き海苔を食べたかったら今までも
いくらでも方法があったんだけどねぇ。

田中屋での今の焼き海苔の値段を調べようとググっていたら
何と2008年に練馬の店は閉店していた。
90年代に経営陣が代わり方向感が市場原理主義的になっていたのは承知していた。
以来、元の田中屋感の強い暖簾分けの店@上石神井に通うことが多くなり、
穢土を離れる前には初代の店主が自宅でやっている店@ひばりが丘にもお邪魔した。
経営者が変わったのだからどうにでもなれと思いながらも、
私の蕎麦屋の原点であるあの店の風情ある建物がなくなったと思うとやや淋しい。

因みに私がハマっている海苔はこれだ。
九州産と千葉産とで組み合わせを選べるが今の私は全部千葉産にしている。


う~む、この海苔を2回注文すると電気ストーブを3台買ってもお釣りがくる・・・(>_<)



プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。