スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKは盛り上がり必至のMLB中継にエース竹林宏を投入すべきだろう~っていうか是非お願い~ (10)

NHKのスポーツアナ竹林宏が好きだ。

どれ位好きかと言えば、ほとんど興味の無い都道府県別女子駅伝を
彼が実況しているという理由だけで観てしまう程好きだ。

彼はずっとMLB中継を担当していたが、2005年の途中で大阪局に異動になった。

MLB中継は外れて地元甲子園で行なわれる阪神戦や高校野球、
駅伝や花園のラグビーを実況するようになる。

彼の声質が気に入っている。
基本は冷静な中、程よく興奮するのも良い。
金メダルアナとして有名な刈屋富士雄に較べるとミスも少なくない。
実際wikiにはトリノ五輪のノルディック複合で‘日本が4位から5位に上がった’と実況した
‘失態’が記されている。

ただ彼がミスをした時の訂正の仕方、謝罪の仕方も好きだ。
無反省でもなければ卑屈でもない。

要するに何をやっても好きってことだね・・・(^_^.)

本来、スポーツを生で観戦する場合は実況も無いし解説も無い。

野球やサッカーのように自分がよく見慣れているスポーツならばそれでも十分だが、
そうでない場合は面食らう事もある。

私は一度だけ国技館に大相撲を観に行った時がそうだった。
飲んだり食べたりしているせいもあるが、集中していないと‘別世界の出来事’に感じてしまう。
普段、如何に実況やVTRの恩恵を受けているかを痛感した。

去年のトリノ五輪のカーリングも自分自身が競技に不案内だったので、
実況と解説の‘指南’無しで理解するのは‘至難’だった。

因みにナリポン的2006年ベストのスポーツ実況は、
実況刈屋富士雄、解説小林宏の女子カーリング、日本vsスウェーデンだ。

今年のMLBは大いに盛り上がる。
松坂、井川、岩村等の日本人選手が新たに加わるし、
去年4ヶ月も‘穴’を開けてしまった松井秀喜も復活する。

NHKも早々に方針を明らかにしている。

NHKは1日、米大リーグ・レッドソックス(ボストン)の松坂大輔投手の先発登板試合を、録画も含めすべて放送すると発表した。チャンネルは決まっていないが、初登板など注目試合は生放送する予定という。

大リーグ全体でも、ヤンキース、マリナーズを中心に、BS1、BSハイビジョン、総合の3チャンネルで昨年より55試合多い計290試合を放送する。

試合数が増えるのは大歓迎だが質的な向上も是非図って貰いたい。
その‘目玉’が竹林宏の復帰なのだ。

先輩格の実況アナもいるが、ナリポン的な好みで言えば竹林宏がMLB実況の‘エース’だ。

国内野球の実況では、NHKには経験豊富で達者なアナウンサーの人たちが多数居るが、
MLB実況の方は経験の問題なのか、ほとんどがモニターを見ながらの‘実況’のせいか
人材はやや不足気味だ。
それでもみんな平均はクリアーしていて、去年のWBCで大顰蹙を買った
‘世界最凶’実況アナ松下賢次みたいなのはいないが・・・。

NHKのMLB中継の場合、解説陣にも問題がある。
向こう在住の長谷川は何かと‘明るい’が、彼を除くと、情報のアップデェイトもしてない
不勉強な人が多いし、内容も陳腐で魅力が無い。

本来なら解説者の力を借りて視聴者を満足させる中継をするのが筋なのだが、
逆に足を引っ張られる事もあるから、本末転倒だが実況アナがしっかりしていないと破滅的になる。

日テレ系土曜朝の番組、司会の辛坊と解説の岩田公雄みたいなもんだ・・・(-_-;)

一部では場内音声だけの選択もできる中継もあるが、私は実況がある方が好きだ。

YESのマイケル・ケイ然りだが、実況の力で感動は増幅する。
竹林アナが実況していれば、松井の活躍やヤンキースの勝利にもより心地良く酔えそうだ。
或いは、例によって1アウト3塁でショボが三振しても、病んだ私の心臓が持ちこたえられるような
優しい実況をしてくれるかもしれない。

何よりヤンキースが首尾よくワールド・チャンピオンに輝く瞬間を竹林氏の実況で味わいたい。

大阪に転勤して2年も経っていないから通常であれば難しい人事だとは思うが、
ここはひとつ‘人事?を尽くして視聴率を待つ’の心意気で、是非お願いしたい・・・(^_^)



スポンサーサイト

松井秀喜もヤンキースも‘マニフェスト’は勿論‘アレ’ひとつ~涎も胃液も抑えて開幕を待つ心境~ (10)

なんと驚くべきことに、これが今年初めての松井秀喜の記事になる。
と言っても、以前の毎日更新と違って今年全体でもまだ12件しか書いてない
‘超レイジーモード’
なのが最大の原因なのだが・・・(-_-;)

本来なら本格キャンプインした昨日、真っ先に書くべきだった。
それが1日遅れの今日になった。

いくら松井に遅刻は付き物とは言え、私にはあるまじき事だ。

正直に言おう。
昨日の夕方のニュースを見るまでキャンプインを知らなかった・・・(-_-;)

昼過ぎから、先月の‘続報’としてやっと動いた日銀ネタを書こうかどうかは思案していたが、
‘松井始動’は全く頭に無かった。

これまた‘松井命’を自認するナリポンらしからぬ事というか恥ずべきことだ。

松井への熱が冷めたのか?

否、そんなことがある筈が無い。
では、何が原因でこんな男に成り下がってしまったのか。

たぶん、松坂を巡る‘過熱報道’のせいかもしれない。
かといって責任転嫁を図るつもりは毛頭無い。
松坂を知っている日本人が大いに期待し、松坂を知らないあちらの人々が知りたがって
大騒ぎするのは、あれだけの大金が動いた訳だし無理も無い事だというのは理解できなくはない。

しかし、そういった記事を読んだり何勝できるかとかの投票を見たりすればするほど、
そういう謂わば‘前戯’に燃えなくなってしまったのだ。
そもそも、それは‘前戯’にも該当しないそれ以前の‘脳内の出来事’
に過ぎないとも考えられる。

どんなに世間の耳目を集めようが、スプリング・トレイニングで好調であろうが、
すべては4月から始まる‘本番’で実力を発揮しなければまったく価値が無い。

なんか、今日のナリポン用語は猥雑で変だぞ・・・(@_@;)

じゃあ、食べ物に例えようか。

過去に食べた記憶が残っていてメチャウマな店に入る瞬間だとか、
目の前に美味そうな素材や料理がある時とか、美味しい臭いが鼻孔を襲う時とか、
料理人の動きが味を保証してくれそうな華麗なものだったりすると垂涎することはある。
或いは、胃液が上等な‘アペリティフ’として分泌されることはある。

そして、涎にしても胃液にしても分泌された‘直後’に実際に料理を口にすることができる。
涎も胃液もタイミング良く機能し、料理の味を引き立たせる。
ここがキーポイントだ。

予約の取りにくい評判の店だからと言って、2ヶ月先に予約を入れて
毎日涎や胃液を出している人はいない。
もしいたら‘その日’が来る頃は料理を楽しめない身体になっている可能性もある。

まあ、例によってかなり強引で‘詭弁臭い’論理だが今年の私の心境はそんな感じだ。
だから料理を目の前にできる瞬間=開幕まで、冷静に待ちの姿勢を貫くつもりだ。

5年目の松井秀喜が何を求め何を実現しようと考えているのかははっきりしている。

ヤンキースというチームとしても松井秀喜個人としても
‘マニフェスト’はたったひとつ‘アレ’しかない。

いきなりマスコミがかき回しているのがジーターとエー・ロッドの確執問題だ。

ジーター大好きで、ショボ大嫌いのナリポンを‘基軸’にして考えれば
このふたりの仲が良い筈がないのは自明の理なんだが・・・\(◎o◎)/!


だがマニフェスト実現の阻害要因になってはいけない。

そこで、下の写真だが渦中のふたりを相手に背中を見せているのは誰?
背番号が50番台に見えるのだが、まさか松井じゃないよね・・・(*_*)



元淫行芸人の知事に群がる大衆、擦り寄るマスコミ~宮崎や、ツキは東に非は無しに~ (6)

あの頃、この男が街を歩いていても誰も近寄る事は無かっただろう。
もしその男が誰だかわかったとしたら、後ろ指をささないまでも距離を置きたいと
思った女性たちも居たはずだ。

それが今や奇声をあげながらその男を目指して駆け寄り、必死に握手を求め、
それが叶うと狂喜している人たちがいる。

法的には何も無かったのに倫理的な観点からその男に‘淫行芸人’のレッテルを強烈に張り、
その後の暴力沙汰の時も、ここぞとばかりにマスコミは叩きまくった。

それが今や、その男の行く先々を必死に追い回し、番組への生出演を‘哀願’している。
かつて一様に眉を顰め、白眼視していた連中もその男を称賛し、誰も批判しない。

公然とその男の‘過去’を批判したのは糸山英太郎氏だが、
何しろ同氏も比べ物にならない‘大過去’を持っているから説得力に欠ける。

電通がはじき出した1週間での経済効果が165億円等という‘実質の無い’数字も踊った。
テレビ出演=経済効果とする尊大な電通体質丸出しの論理で‘自惚れ’も甚だしい。

もちろんその男とは現職の宮崎県知事である。

選挙前には‘泡沫候補’と呼ばれ、‘あんな男’を当選させたら宮崎県民の‘民度’
問われるとまで言われた。
しかし当日、投票率を押し上げた人々が選んだのは、その‘あんな男’だった。

最大野党にとっては大チャンスだったのに候補者の擁立すらままならず、保守勢力も二分された。
過去の県政に訣別したい有権者には‘ノー・チョイス’だった。

そういう意味では完全に‘ツキ’は東にあった。

そして当選すると、かつての‘非’も消し去られた。

そこで駄句を一句
~~宮崎や
          ツキは東に
                非は無しに~~


あれ、季語が無い・・・(-_-;)

知名度の高い‘そのまんま東’という芸名で選挙を戦い、知事の椅子を手に入れると
‘東国原英夫’という本名を使い始めた。

名前の響きだけでも、どこか軽薄なものが重厚になった感がある。

選挙結果を受けて記事にしたブロガーは多かった。
‘旬’が過ぎたのに、なぜ今‘そのまんま東ネタ’なのかと思われるかもしれない。

だが、ナリポン的には今起きている現象の方が選挙結果より完全に‘旬’なのだ。

当選が決まった時点で、この男の知事としての資質を云々する気も無かったし、
そもそもそんな分析をする能力も無い。

ただ、この男を見る目や扱いをあの日を境にこれだけ顕著に変えられる大衆やマスコミ、
或いはその両者の‘相乗作用’‘感心’しているのだ。

また曰く有りげにカッコを使っているということは、
本当は‘感心’じゃなくて‘寒心’なんだろうなんて‘深読み’は必要ありませんよ・・・(^_^.)

連中の手相を見る振りをして、てのひらの‘表’‘裏’があるのか調べたいなんて気持ちは
これっぽっちもありませんよ・・・(^_^.)

えぇ、みなさん見事なもんです。

たぶん‘忘却’と‘寛容’は長い人生を送るうえでの‘知恵’でしょうから・・・(^_^.)

でも、人間どっかで‘寛容’になり過ぎると、身体のバランスが崩れるから、
別のところで‘厳格’になって健康を保ちたがるものだ。

いました、いました、格好の‘餌食’が・・・(^_^.)

‘失言大臣’を責めまくるだけでは飽き足らず、安倍政権そのものを攻撃する。

ポスト小泉の世論調査では安倍氏をダントツで推した国民も、
いまや不支持が何となく‘トレンド’になって宗旨変え。

マスコミや多くの自民党員も‘選挙を考えれば安倍さん以外ありえない’‘断言’
していたことなんかどこ吹く風で、今や‘参議院選を戦えない’と大騒ぎ。

任命権者の責任を問う事はあっても、安倍政権を誕生させた自分達の責任は不問に付す腹だ。

さて、メジャーで一球も投げた事が無い松坂だが野球の経験も実績も十分にある。
だから過剰とも思える期待をするのは無理も無い事だ。

一方、東国原知事は政治、行政の経験も実績も無いまま、期待だけが大きく先行している。
その彼もいよいよ今日‘初球’を投げた。
今後何球投げるかわからないが、はたしてストライクなのかボールなのか。

駆け寄るのも、称賛するのもそれを見極めてからで十分だろう。



今日は何の日?‘心臓感謝の日’です~あれから7年良く頑張ってくれたぜ~ (14)

今年もこの日がやってきた。
2月9日、そう言わずと知れた‘肉まんの日’だ・・・(^_^)

一般的に知られているのは‘ふく(河豚)の日’だ。

えっ、知らない?

実は私も今日調べるまで知らなかった・・・(-_-;)

認知度の高低はいろいろだが、1年中‘今日は何の日’で調べると
‘何でもない日’を探す方が難しそうだ。

そう考えると、‘何でもない日’の方が余程貴重に思えるてくる・・・(^_^)

認知度で最高レヴェルは、いわゆる‘祝日’だろう。
ただし、いわゆる‘毎日が日曜日’状態のナリポンには別に待ち遠しくもない。

まあ、カレンダーを見て一番大事なのはヤンキースの試合日程だよな・・・(>_<)

そんな私でもやや気になる日がある。
11月23日の‘勤労感謝の日’だ。

定年退職者以外の勤労していない人にとっては居心地の悪い日だ。
私には病気と言う‘立派な理由’があるのだが、それでもこの‘無縁な日’の心境は複雑だ。

私が現役時代身を粉にして働いた‘遺産’で何とか生活しているのに、
今は稼いでいないから家族からのリスペクトも皆無だ。

‘誰のおかげで食えると思ってるんだ’と言う台詞は、今の時代、
男が最も発してはならない台詞のひとつだと知っているからこっちもグッと呑み込む・・・(-_-;)

まあその辺が‘どっかの柳沢大臣’とは違う・・・(^_^.)

勤労感謝の日が無縁なだけでなく、実はその前日も‘無縁な日’だった。
昼飯を食いに出かける車の中でラジヲが余計な情報を流したのだ。

みなさん、今日11月22日は‘いい(11)ふうふ(22)の日’ですよ・・・(^O^)

なんかマジレスする空気でも茶化す雰囲気でもなく一瞬にしてふたりとも固まった。

それから間もなく訪れた年に一度‘主役’をはれる筈の誕生日も特別な価値は持たず、
ルーティンに負けた。
塾の送迎があるために家族3人がバラバラに夕食を食べたのだ。

メイン・ディッシュも自分で調達したA5のヒレ肉を‘個食の人’で食べた。
誕生日ぐらいはひょっとしてと思っていたが、息子からは一言も無かった。
穢土の美女ふたりから届いたメールが唯一の‘救い’だった。

あの10日間は社会人でもなく夫でもなく父親でもない自分を痛感させられたが、
それがある意味‘自分の現在価値’というか‘実力’なのだろうという風に諦めた。

‘今日は何の日’と言われて誕生日ですらスルーされてしまうわけだから、
私にとっては何か意味のある日なんてないと思っていた。

しか~~~~し、今日はある意味とっても意味のある日だ。

と言っても‘主役は私の中に在って私ではない’、不思議な感じだ。

7年前の2000年2月9日の早朝、私は心筋梗塞に襲われた。

俗に言う‘お花畑’を見ることはなかったが、場合によっては‘命日’になっていた可能性もある。

あれから、まる7年が経つ。
当時の担当医に無理矢理‘算定’させた5年生存率は
‘60%はあるけど80%は無い’だった。

正直、自分を安心させるためにしつこく追求したのが完全に‘裏目’となる答えだった。

心筋の7割が壊死し、3割でこの巨体を‘維持’しなければならない。

数字的な裏付けはないが、感覚的には2トン車に軽のエンジンを搭載して走っている感じだ。
そう考えると、この私の痛んだ心臓はよく頑張っている。

そこで自分で勝手に決めた。

今日は‘心臓感謝の日’・・・(^o^)/

ほら、音的にも‘勤労感謝の日’に似ていていい感じじゃん・・・(^_^.)

で、今日1日は‘心臓’に何かしてあげようと考えたが、別に‘ハツ’を食べても喜ばないだろうし、
‘Shinkin Bank’に口座を作ってあげようにも‘本人確認’の方法が無い・・・(-_-;)

‘心臓’に優しくしてあげようと思っても、基本的に運動はしないし、5キロ以上の物は持たないし、
絶叫マシーンなんて無いし、ホラー映画は普段から一切観ないし・・・(^_^.)

そうなのだ、普段から‘優しい関係’にあるから特にこれ以上というのが見つからない。

どっかの‘某なりぽん’とはえらい違いだ・・・(-_-;)

まあ、今まで通りの良好な関係を続ければ、来年の‘心臓感謝の日’も安泰?

いやいや、ヤンキースの成績によっては心労が重なって・・・(>_<)


私が少しだけ知っている鈴木君枝さんの印象は完璧主義者~訃報を記事にするのは気が滅入る~ (4)

日テレの女子アナウンサー大杉君枝さんの訃報を聞いて驚いた。

私は大杉君枝さんは知らないが鈴木君枝さんは少し知っている。

私が穢土に棲んでいた頃に月例で参加していた異業種の交流会のメンバーだったからだ。
正確には当時メンバーのひとりと交際していて彼女も顔を出すようになったのだ。

そしてふたりは結婚に辿り着くが、その結婚式にも出席した。
結婚式の当日はうだるというよりは突き刺すような暑い日だった。

会場には日テレ関係者が勢ぞろい。
まだ当時はジャイアンツ繋がりで評価していた徳光氏のテーブルを狙い撃ちした。
会場にはたしか彼女のお姉さんもいてふたりで歌って踊って見事なパフォーマンスを
披露していたような記憶がある。

その翌年以降も7月にふたりの誕生日があるのを理由に彼らが主催するパーティーが
行なわれたが、何故か必ずといっていいほど暑かったり天気が荒れた。
因みに君江さんの誕生日は7月4日、アメリカの独立記念日であのスタインブレナーと同じだ。

もしかしてと思って探してみたら古い名刺入れにあった。
彼女が初めて会に登場した時にメンバーに名刺代わりに配ったテレフォンカード。
大石吾朗と一緒にやっていた‘ポシュレ’という番組の物だ。
50度数のカードだが一部使用済みで推測すると40幾つかのところにパンチの跡がある。

まさか享年と同じ43だったりして・・・(-_-;)

kimie


テレビを通じてではない生の君枝さんの印象は一言で言えば‘完璧主義者’だろうか。
本人は‘そこつ者’で‘忘れん坊’だとしているから、否定するだろうが私の目にはそう映った。

自分の結婚式なのに段取りに抜かりがないか終始気を遣っていた。
毎年のパーティーを仕切っていたのも彼女だった。
職業柄進行役が得意なのはある意味当然だが、参加者の動きが期待通りにならない時は、
少し苛立つ様子を見せることもあった。

外れているかもしれないが、敢えて大胆に言えばドラマ‘デスパレートな妻たち’に登場する
‘ブリー・バン・デ・カンプ’的な要素が感じられた。

完璧を目指すために状況把握が必要で始終頭が回転していた。

ただブリーと違うのは自分が完璧主義者であることを周りに覚られないように振舞っていた点だ。

テレビの中での彼女で言えば‘所さんの目がテン!’を思い出す人が一番多いだろう。

私の週末は寝坊するのが常だったが、彼女を知って以来番組を見て‘二度寝’をすることもあった。

キャラ的には最も君枝さんにハマったポジションだったかも・・・(^_^)

ただ個人的には彼女がニュースを読むのが気に入っていた。

声質もニュースに向いている‘正統’なものだったし、読み間違えない‘完璧さ’がプロを感じさせた。

そういう意味では個人的にはそっちの方で重用されても良かったと思うが実際は違った。

彼女が重用されたのは、先ずは笑点の‘大喜利’だ。
本人の趣味に落語とあるように本当にお笑いが好きだったのかもしれない。

但し私の分析は違う。

彼女の笑いは脳を駆使しているものばかりで、いわゆる天然な笑いは少なかった。

あそこでも彼女の頭は終始回転することを余儀なくされていた。

もうひとつ彼女が重用されたのはアナウンサー対抗の歌合戦だ。

彼女の歌唱力については一緒にカラオケに行った仲間から散々聞かされていた。

都はるみのド演歌が最高・・・(^_^)

番組で歌ったので覚えているのは、坂本冬美の‘夜桜お七’だ。
大変難しいと定評のある曲だが、それを見事にキメた。
確かそれで優勝した?筈だ。
歌う才能もあったのだろうが‘完璧’を目指して相当の努力もしたんだと思う。

あれだけ暑かった結婚式から数年が経つとどうやら夫婦関係は冷えたようだ。

離婚した後に君枝さんは10歳年下の電通マンと再婚し、前回は変えなかった姓も大杉に改めた。

昨年43歳でママになったが、線維筋痛症という病にも冒される。
初めて耳にする病名だが、直接的に死に至る病気ではないが全身に慢性的な疼痛を感じるらしい。

本人は自分が極度の方向音痴だと言っているが、この‘激しい痛み’で
自分の人生の‘ディレクション’がわからなくなったのだろうか。

信条・モットーを~ “今、この時”を幸せに生きる~としていた彼女が
自らの命を絶つ‘その時’一体何を考えたのだろうか。

私のイメージの中では発作的、衝動的にそういう行為に走るタイプではなく、
頭を駆使して決断したように思えるが、勿論真実は知る由もない。
知ったところでコミットされた後では別に意味も無い。

長くはなかった彼女の人生のほんの一部の時を共有した者として、心から冥福を祈るが、
彼女は‘あちら’でもまだずっと自分が出した結論について悩んでいるような気がする。

もう知っている人間の訃報で記事を書くのは勘弁願いたい。

あの会の主たるメンバーは30人ぐらいだったが、ここ2年足らずでふたりの人間が逝った。

一時は私が最も‘先行’した筈なのに、ふたりが後からあっさりと‘追い越し’てしまった。



プロフィール

makola

Author:makola
ペンをパンにかえることを夢見た青年は、電話を手にした相場師に・・・
在る時、相場師20年のストレスで心筋梗塞を発症、死の淵をさ迷う。
以来穢土を離れ厭離庵に棲む。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。